【ヨーロッパ諸国の主権国家体制の形成と海外進出】産業革命について

産業革命について

産業革命についてもう少し詳しく教えてください!特に、なぜ産業革命が起こったかについて教えてください。

進研ゼミからの回答!

【質問の確認】

産業革命についてもう少し詳しく教えてください!特に、なぜ産業革命が起こったかについて教えてください。

【解説】

産業革命とは、簡単に言うと、「大規模工場で、多くの機械を使って、商品を大量に生産できるようになったこと」となるでしょう。

イギリス産業革命の原因はたくさんあり、代表的なものに絞っても、次のようなものを挙げることができます。

●当時のイギリスは、貿易を盛んにおこなっていた。

●イギリスはインドから綿織物を大量に輸入するようになり、綿織物が人々の生活にとけこみ、国内でも生産しようとする声が高まった。

●イギリスがアメリカ大陸方面にも進出し、「ヨーロッパとアフリカ大陸・アメリカ大陸を結ぶ三角貿易」で、巨額の利益をあげていた。

●イギリスでの農業技術の発達にともない、穀物を大規模農地で大量に生産できるようになると、地主は自分の土地から(地主から土地を借りていた)農民を追い出して、穀物生産を推進。土地を失った農民たちは、都市に移り住み、工場の労働者となった。

●当時のイギリスは、(機械をつくる上で必要な鉄を製造するための原料である)石炭や鉄鉱石などの資源に恵まれていた。

これらのなかでも、今回は、特に分かりにくそうなところに絞って説明させてもらいます。

まず、「綿織物」について説明しておきましょう。

「綿花(めんか)」という植物の花から、「綿糸(めんし)」または「木綿(もめん)」と呼ばれる糸をつくり、それを織ることで「綿織物(めんおりもの)」ができあがります。
現在の日本でも、化学繊維をつかった製品・絹織物(着物)・毛織物(セーターなど)を除くと、多くの衣服・布などが綿織物になっています。
産業革命以前のイギリスでは、毛織物や麻(あさ)を使った衣服が多く生産されていたものの、綿織物は少ししか生産されていませんでした。その一方で、(当時のイギリスにとって最大の貿易国であった)インドから輸入された綿織物が、イギリスの人々の生活に定着していきました。
そうした中で、イギリス国内で綿織物をつくろうとする声が高まっていきました。
そして、ついには大規模工場で、機械を使って大量に綿織物を生産できるようになります。こうした、大規模工場で機械を使って大量に商品を生産できるようになったことが、「産業革命」と呼ばれるわけです。

綿花から、綿織物と呼ばれる衣服をつくるまでの工業全体が、「綿工業」と呼ばれます。
この「綿工業」は、「綿花」という原料から「綿糸」または「木綿」と呼ばれる糸をつくる「紡績(ぼうせき)」という過程と、そうした糸を使って織物(布など)をつくる「織布(しょくふ)」という過程に分けられます。
そして、「紡績」をおこなうときに使われる機械が「紡績機」、「織布」をおこなうときに使われる機械が「織機(しょっき)」と呼ばれます。
すぐれた「織機」が発明されて布(綿布)が大量に生産されると、その材料になる綿糸が足りなくなりました。そこで次には、綿糸を大量に生産することができる、すぐれた「紡績機」が発明されました。
このような形で、「紡績」と「織布」の両方で、すぐれた機械がどんどん発明されていき、イギリスの綿工業は大きく発展することになるわけです。

次に、「第2次囲い込み」について説明しておきましょう。

それまでのイギリスでは、多くの農民は自分の土地を持っておらず、地主と呼ばれる人たちから土地を借りて、地主に借り賃を払った上で農業をおこなっていました。
ところが16世紀頃、(羊の毛でつくる)毛織物業が発展すると、地主の中には、自分の土地で羊を育てる方が利益になると考えて、それまで土地を貸していた農民たちを強引に追い出す人が出てきました。それが「第1次囲い込み」と呼ばれます。
さらに18世紀になると、農業技術が発展し、少しの人数で広い農地を効率的に利用できるようになりました。そこで地主の中には、農民たちを土地から追い出して、その土地を広い農地につくりかえ、効率的に多くの作物を生産しようとする人が出てきました。このときに、農民を土地から追い出した行為が、「第2次囲い込み」と呼ばれます。
この「第2次囲い込み」によって、とても多くの農民が土地から追い出されました。それによって、農業をおこなうことができなくなった人々は、工場がある都市に移住して、工場で働くようになりました。
産業革命が進むには、大規模工場で働く人が数多く必要だったのですが、ちょうど第2次囲い込みで(農業の)仕事を失った人たちが、そうした工場労働者になったため、労働力不足で困るという事態を避けることができたわけです。

【アドバイス】

イギリスではじまった産業革命は、他国にも影響を与えました。また、商品生産だけでなく、交通・流通にも大きな変化が起こりました。
人々の生活に大きな変化を起こした歴史の転換点として、産業革命の背景や影響をしっかりおさえておきましょう!

【その他にも苦手なところはありませんか?】

わからないところをウヤムヤにせず、その場で徹底的につぶすことが苦手を作らないコツ。
「進研ゼミ」には、苦手をつくらない工夫があります。

  • 丁寧な解答解説 途中式は省略なし!詳しい内容だからわかる!※デジタルサービスをご利用いただくための機器は付属しません。
  • 万が一わからなかった場合も個別指導でニガテ解決できる!

  • 高1生の方 高1講座
  • 高2生の方 高2講座
  • 高3生の方 大学受験講座
  • おためし教材を取り寄せる(無料)
  • 入会のお申し込みはこちら

2018年度入試 合格速報

進研ゼミで大学合格!
今年も喜びの声ぞくぞく!

読み込みに失敗しました。
進研ゼミ高校講座について詳しく見る

進研ゼミ『高校講座』関連商品・サービス

一番上に戻る

進研ゼミ 高校講座
会員向けページにようこそ

会員のかた
進研ゼミ 高校講座 ご受講のかた
保護者のかた
進研ゼミ 保護者通信

高校講座 オプションお申し込み(有料)

各種お手続き

受験プラン・コース変更、教科・科目の追加 登録内容(住所・電話番号・支払い方法など)の変更

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

※進研ゼミ『高校講座』について。矢野経済研究所「2014年版 教育産業白書」をもとに事業者を選定し、自社による第三者機関でのインターネット調査で高校生3,000人を対象に行った2015年4月時点で利用している学習法についての調査結果より。

学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生

学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生

学習方法を診断する学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生
進研ゼミ ハイブリッドスタイル 利用環境条件

「進研ゼミ ハイブリッドスタイル」はお手持ちのiPadでご利用いただけます。

対応機種
iPad(第4世代)、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4
通信環境

常時接続可能なブロードバンド(光ファイバなど)環境と、無線LAN(Wi-Fi)環境をご用意ください(10Mbps以上を推奨)。
ご利用環境の通信速度については、下記より事前にご確認ください。

あとから紹介制度のやり方

入会後に、ご紹介者の情報を登録することもできます。入会フォームの「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」にチェックを入れてください。

Webでお申し込みをする場合

「入会申し込みページ」の「支払方法等の選択」内にある「ご紹介者」の欄で、 「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」を選び、そのまま次の画面に進んでください。

  • Web画面のデザインはイメージです。変更する場合があります。

お申し込みの際にご登録いただいたメールアドレスに、手続き完了のメールをお送りしますので、プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、お手続きをお願いします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

電話でお申し込みをする場合

ご入会のお申し込みをいただく際、オペレーターが「ご紹介者はいらっしゃいますか」とおうかがいします。
⇒おそれいりますが「後から申し込みます」とお答えください。

入会完了

あなたと、あなたのお友だち・ごきょうだいに「教材」をお送りしますので、
プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、0120-332211(9:00~21:00年末年始除く 通話料無料)までお電話ください。 ※一部のIP電話からは042-679-8567(ただし通話料がかかります)
その際、「お友だち・ごきょうだいの紹介であること」と「ご紹介者の会員番号」を忘れずにお伝えください。どちらかお一人がお手続きをすれば、お二人分のプレゼントをお届けします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

「入会申し込みページ」の「支払い方法等の選択」内にある
「ご紹介者」の欄に、紹介してくれる方の情報をご入力ください。

紹介制度フォームサンプル

【お申し込み前に必ずお読みください】

●1月号(12/27まで)にご入会した方がキャンペーン対象です。
●受講費は1ヵ月分かかります。2月号以降を継続されない場合は、支払い期間にかかわらず「毎月払い」1ヵ月分の受講費のお支払いとなります。
●1ヵ月で退会する場合は1/10までに電話連絡が必要になります。ご連絡はお電話に限ります。
●退会連絡をいただかない場合、引き続き2月号以降をお届けします。