【東アジア世界の発展(宋〜元)】宋と周辺国家の関係について

宋と周辺国家の関係について

宋の時代に、周辺に位置していた遼・西遼・西夏・金・吐蕃などの国家の関係図がいまいち上手くつかめません。それらの各民族の国がどう関係しあってどう滅亡したのか、そして北宋・南宋にどう影響を及ぼしたのかを大体の流れで教えてください。

進研ゼミからの回答!

【質問の確認】

宋の時代に、周辺に位置していた遼・西遼・西夏・金・吐蕃などの国家の関係図がいまいち上手くつかめません。それらの各民族の国がどう関係しあってどう滅亡したのか、そして北宋・南宋にどう影響を及ぼしたのかを大体の流れで教えてください。

【解説】

11世紀 11世紀

【遼(契丹)】
北宋は960年に建国しますが、北方ではモンゴル系の契丹(キタイ)の部族を統合した耶律阿保機を建国しており、936年には北宋と接することになる華北の燕雲十六州を獲得していました。
燕雲十六州は、もともとは中国の領土であるとして、宋は建国した後に、この地の奪回をはかるのですが果たせずに、1004年にという和議(北宋を兄、遼を弟とみなす)が結ばれました。
毎年、多額の絹・銀を北宋が贈ることで、遼は北宋に侵入しないというものでした。

【西夏】
また、北宋の西北ではチベット系のタングートが強大化して、1038年に西夏を建国します。西夏は遼と結んでしばしば北宋に侵入しましたが、北宋と和議を結びました。西夏が臣下となるかわりに、毎年多額の絹・銀を北宋が贈り、西夏は北宋に侵入しない約束をしたのです。

12世紀 12世紀

【金(遼の滅亡)】
12世紀になると、中国東北地方では遼の支配下にあった女真族が1115年に独立して金を建国しました。
その後、金は北宋と同盟を結び1125年に遼を滅ぼします。
しかし、金が燕雲十六州を占領したことで金と北宋の対立が深まり、金は北宋の都を攻撃し占領しました。このときなど皇族が捕虜となって北方に連れ去られた(靖康の変)ために、の子の高宗は南方に逃げ臨安に都を置きました。
これが南宋の建国(1127年)です。
南に逃げた南宋の政界では、金に対して戦うか和平を求めるかという2派が対立するのですが、和平派が主導権を握り、金に毎年、多額の銀や絹を贈り侵入を防ぐという和議を結びました。

【西遼】
金により遼が滅亡した時、遼の皇族の耶律大石は部族を率いて西に逃げ、1132年にカラ=ハン朝を滅ぼして西遼(カラ=キタイ)を建国しました。
のち、モンゴルのチンギス=ハンが西遼の北方にいたナイマンを攻撃した時、ナイマンの王子は西遼に侵入して王位を奪い、西遼王と称しました。

北方民族の成長と宋の文治政治による軍事力の弱体化を背景として、宋と周辺の国々との関係がポイントとなります。
宋にとっては、北方民族の侵入を防ぐことが必要であったために、北宋は遼や西夏と和議を結び、南宋は金と和議を結ぶことで平和を維持しようとしたことをおさえておきましょう。

【モンゴル帝国】
モンゴル高原では遼が建国したあとは、多くの部族が遼に服属していました。
遼を滅ぼした金は、モンゴルが台頭することを恐れてモンゴルの分裂をはかりましたが、モンゴルはテムジンのもとに統一され、彼はチンギス=ハンとしてモンゴル帝国を建国しました。

チンギス=ハンは1218年にナイマンを滅ぼし、ホラズム=シャー朝に遠征をおこない滅ぼしました。
西夏は遠征に参加しなかったという理由で、1227年に滅ぼされました。
さらに金の攻略に向かうところで、チンギス=ハンは没しますが、子のオゴタイが受けつぎ、南宋と共同して1234年に金を滅ぼしました。

吐蕃はチベットにおいて7世紀に建国した国ですが、国力が強大となり中国に侵入したのは唐の時代です。以後は王国としては分裂しますが、即位する前のフビライに攻略され、属国となります。

1271年にはフビライが国名を元と改めました。
南宋は、外交費の増大や改革の方針の違いで政界に争いがおきたことなどから国力が衰え、1279年に元に滅ぼされました。
周囲の国々を滅ぼしたモンゴル帝国は、元と諸ハン国のゆるやかな連合体となっていることをおさえておくといいですね。

【アドバイス】

大きな流れがつかめたら、もう一度教科書やチャレンジを確認して、知識をさらに固めていきましょう。教科書を読みながらポイントになる部分に線を引くなどして確認していくと、よりわかりやすくなりますよ。

【その他にも苦手なところはありませんか?】

わからないところをウヤムヤにせず、その場で徹底的につぶすことが苦手を作らないコツ。
「進研ゼミ」には、苦手をつくらない工夫があります。

  • 丁寧な解答解説 途中式は省略なし!詳しい内容だからわかる!※デジタルサービスをご利用いただくための機器は付属しません。
  • 万が一わからなかった場合も個別指導でニガテ解決できる!

  • 高1生の方 高1講座
  • 高2生の方 高2講座
  • 高3生の方 大学受験講座
  • おためし教材を取り寄せる(無料)
  • 入会のお申し込みはこちら

2018年度入試 合格速報

進研ゼミで大学合格!
今年も喜びの声ぞくぞく!

読み込みに失敗しました。
進研ゼミ高校講座について詳しく見る

進研ゼミ『高校講座』関連商品・サービス

一番上に戻る

進研ゼミ 高校講座
会員向けページにようこそ

会員のかた
進研ゼミ 高校講座 ご受講のかた
保護者のかた
進研ゼミ 保護者通信

高校講座 オプションお申し込み(有料)

各種お手続き

受験プラン・コース変更、教科・科目の追加 登録内容(住所・電話番号・支払い方法など)の変更

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

※進研ゼミ『高校講座』について。矢野経済研究所「2014年版 教育産業白書」をもとに事業者を選定し、自社による第三者機関でのインターネット調査で高校生3,000人を対象に行った2015年4月時点で利用している学習法についての調査結果より。

学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生

学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生

学習方法を診断する学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生
進研ゼミ ハイブリッドスタイル 利用環境条件

「進研ゼミ ハイブリッドスタイル」はお手持ちのiPadでご利用いただけます。

対応機種
iPad(第4世代)、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4
通信環境

常時接続可能なブロードバンド(光ファイバなど)環境と、無線LAN(Wi-Fi)環境をご用意ください(10Mbps以上を推奨)。
ご利用環境の通信速度については、下記より事前にご確認ください。

あとから紹介制度のやり方

入会後に、ご紹介者の情報を登録することもできます。入会フォームの「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」にチェックを入れてください。

Webでお申し込みをする場合

「入会申し込みページ」の「支払方法等の選択」内にある「ご紹介者」の欄で、 「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」を選び、そのまま次の画面に進んでください。

  • Web画面のデザインはイメージです。変更する場合があります。

お申し込みの際にご登録いただいたメールアドレスに、手続き完了のメールをお送りしますので、プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、お手続きをお願いします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

電話でお申し込みをする場合

ご入会のお申し込みをいただく際、オペレーターが「ご紹介者はいらっしゃいますか」とおうかがいします。
⇒おそれいりますが「後から申し込みます」とお答えください。

入会完了

あなたと、あなたのお友だち・ごきょうだいに「教材」をお送りしますので、
プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、0120-332211(9:00~21:00年末年始除く 通話料無料)までお電話ください。 ※一部のIP電話からは042-679-8567(ただし通話料がかかります)
その際、「お友だち・ごきょうだいの紹介であること」と「ご紹介者の会員番号」を忘れずにお伝えください。どちらかお一人がお手続きをすれば、お二人分のプレゼントをお届けします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

「入会申し込みページ」の「支払い方法等の選択」内にある
「ご紹介者」の欄に、紹介してくれる方の情報をご入力ください。

紹介制度フォームサンプル

【お申し込み前に必ずお読みください】

●1月号(12/27まで)にご入会した方がキャンペーン対象です。
●受講費は1ヵ月分かかります。2月号以降を継続されない場合は、支払い期間にかかわらず「毎月払い」1ヵ月分の受講費のお支払いとなります。
●1ヵ月で退会する場合は1/10までに電話連絡が必要になります。ご連絡はお電話に限ります。
●退会連絡をいただかない場合、引き続き2月号以降をお届けします。