【十字軍と教皇権の盛衰】封建制が崩壊した理由について

封建制が崩壊した理由について

封建制が崩壊し、封建反動が起きた理由がよく分かりません。

進研ゼミからの回答!

【質問の確認】

ヨーロッパの封建制が崩壊したのはなぜですか?

【解説】

それでは、質問に回答していきます。
まず、ヨーロッパの「封建制」とは何かについて、確認しておきましょう。

ゲルマン人の大移動により、ヨーロッパでは帝政ローマ(ローマ帝国)時代の秩序が崩壊し、力による奪い合いなどが起こったため、弱い者が強い者の保護を求める傾向が強まりました。そうした中で、皇帝・国王・諸侯(大貴族)・騎士・聖職者などの有力者たちは、「封建的主従関係」を結ぶようになります。つまり、より有力な者を「主君」とし、それに従う「家臣」との間で、契約を結ぶのです。その契約とは、家臣は主君に軍役(兵士として戦ったりすること)の義務を負うかわりに、主君の方は、家臣に封土を与えて保護する義務を負う、というものでした。ここでの「封土(ほうど)」は「領地」と言い換えることもできるのですが、それには「土地」だけではなく、そこに住む「農民」も含まれていたことに注目することが大切です。言い換えれば、先に述べた「主君」も「家臣」も、領地・領民をもつ「(荘園)領主」だったわけです。「領主」は、「荘園」(農民も含む領地)を所有し、農民( =移動の自由などを持たない「農奴」 )にさまざまな形での地代や税(収穫物や労働など)を強要し、それによって生活していました。封建社会というのは、以上のような「封建的主従関係」と「荘園制」を合わせたものでした。そのため、「封建的主従関係」と「荘園制」の一部が崩れることにより、封建社会全体が崩壊する可能性もあったのです。 ゲルマン人の大移動により、ヨーロッパでは帝政ローマ(ローマ帝国)時代の秩序が崩壊し、力による奪い合いなどが起こったため、弱い者が強い者の保護を求める傾向が強まりました。そうした中で、皇帝・国王・諸侯(大貴族)・騎士・聖職者などの有力者たちは、「封建的主従関係」を結ぶようになります。つまり、より有力な者を「主君」とし、それに従う「家臣」との間で、契約を結ぶのです。その契約とは、家臣は主君に軍役(兵士として戦ったりすること)の義務を負うかわりに、主君の方は、家臣に封土を与えて保護する義務を負う、というものでした。ここでの「封土(ほうど)」は「領地」と言い換えることもできるのですが、それには「土地」だけではなく、そこに住む「農民」も含まれていたことに注目することが大切です。言い換えれば、先に述べた「主君」も「家臣」も、領地・領民をもつ「(荘園)領主」だったわけです。「領主」は、「荘園」(農民も含む領地)を所有し、農民( =移動の自由などを持たない「農奴」 )にさまざまな形での地代や税(収穫物や労働など)を強要し、それによって生活していました。封建社会というのは、以上のような「封建的主従関係」と「荘園制」を合わせたものでした。そのため、「封建的主従関係」と「荘園制」の一部が崩れることにより、封建社会全体が崩壊する可能性もあったのです。

次に、封建制が崩壊していく過程を説明しましょう。

貨幣経済が浸透してくると、従来のような物々交換は敬遠され、できるだけ貨幣を使っての取引が求められるようになっていきます。多くの貨幣が必要となった領主たちは、地代(農民に土地を使わせるかわりに、農民に支払わせる代償)としても、貨幣を要求するようになります。そうすると農民は、自分たちが作った農作物を市場に持って行って売り、その代金の一部を領主に支払うようになります。その一方、余った分の貨幣は、自分のところに貯めておくようになりました。腐ってしまう農作物と違い、貨幣ならば蓄えておくことができたのです。こうして、貨幣経済の浸透により、裕福な農民が出現するようになります。そうした農民の中には、多額のお金を領主に与えるかわりに、自由(移動の自由、税を支払わなくてよい自由など)を得る者も出てきました。貨幣を必要としていた領主たちには、そのような申し出を受け入れるしかない場合もあったのです。そうした形で、領主に拘束されず、自分の土地で自由に生活する農民が増えていきました。そのことは、(領主にさまざまな義務を負う農民の存在を前提としていた)「荘園」の崩壊を意味していました。それは同時に、「封土」として領地・領民を家臣に与えるという形での「封建的主従関係」も、結べなくなることを意味していました。 貨幣経済が浸透してくると、従来のような物々交換は敬遠され、できるだけ貨幣を使っての取引が求められるようになっていきます。多くの貨幣が必要となった領主たちは、地代(農民に土地を使わせるかわりに、農民に支払わせる代償)としても、貨幣を要求するようになります。そうすると農民は、自分たちが作った農作物を市場に持って行って売り、その代金の一部を領主に支払うようになります。その一方、余った分の貨幣は、自分のところに貯めておくようになりました。腐ってしまう農作物と違い、貨幣ならば蓄えておくことができたのです。こうして、貨幣経済の浸透により、裕福な農民が出現するようになります。そうした農民の中には、多額のお金を領主に与えるかわりに、自由(移動の自由、税を支払わなくてよい自由など)を得る者も出てきました。貨幣を必要としていた領主たちには、そのような申し出を受け入れるしかない場合もあったのです。そうした形で、領主に拘束されず、自分の土地で自由に生活する農民が増えていきました。そのことは、(領主にさまざまな義務を負う農民の存在を前提としていた)「荘園」の崩壊を意味していました。それは同時に、「封土」として領地・領民を家臣に与えるという形での「封建的主従関係」も、結べなくなることを意味していました。

ただし、そうなると、領主の収入が減ることになり、領主たちは困ってしまいます。そこで領主たちは、むりやり、税などを支払うよう農民たちに要求するようになります。これが「封建反動」と呼ばれます。
けれども、上に述べたような流れは、もう防ぎようのないところまで進んでいたので、「封建反動」も一時的なもので終わることになります。

【アドバイス】

世界史の流れを理解するためには、「なぜそうなったのか」を意識して学習することがとても大切になります。これからもこの調子で学習していきましょう!

【その他にも苦手なところはありませんか?】

わからないところをウヤムヤにせず、その場で徹底的につぶすことが苦手を作らないコツ。
「進研ゼミ」には、苦手をつくらない工夫があります。

  • 丁寧な解答解説 途中式は省略なし!詳しい内容だからわかる!※デジタルサービスをご利用いただくための機器は付属しません。
  • 万が一わからなかった場合も個別指導でニガテ解決できる!

  • 高1生の方 高1講座
  • 高2生の方 高2講座
  • 高3生の方 大学受験講座
  • おためし教材を取り寄せる(無料)
  • 入会のお申し込みはこちら

2018年度入試 合格速報

進研ゼミで大学合格!
今年も喜びの声ぞくぞく!

読み込みに失敗しました。
進研ゼミ高校講座について詳しく見る

進研ゼミ『高校講座』関連商品・サービス

一番上に戻る

進研ゼミ 高校講座
会員向けページにようこそ

会員のかた
進研ゼミ 高校講座 ご受講のかた
保護者のかた
進研ゼミ 保護者通信

高校講座 オプションお申し込み(有料)

各種お手続き

受験プラン・コース変更、教科・科目の追加 登録内容(住所・電話番号・支払い方法など)の変更

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

※進研ゼミ『高校講座』について。矢野経済研究所「2014年版 教育産業白書」をもとに事業者を選定し、自社による第三者機関でのインターネット調査で高校生3,000人を対象に行った2015年4月時点で利用している学習法についての調査結果より。

学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生

学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生

学習方法を診断する学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生
進研ゼミ ハイブリッドスタイル 利用環境条件

「進研ゼミ ハイブリッドスタイル」はお手持ちのiPadでご利用いただけます。

対応機種
iPad(第4世代)、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4
通信環境

常時接続可能なブロードバンド(光ファイバなど)環境と、無線LAN(Wi-Fi)環境をご用意ください(10Mbps以上を推奨)。
ご利用環境の通信速度については、下記より事前にご確認ください。

あとから紹介制度のやり方

入会後に、ご紹介者の情報を登録することもできます。入会フォームの「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」にチェックを入れてください。

Webでお申し込みをする場合

「入会申し込みページ」の「支払方法等の選択」内にある「ご紹介者」の欄で、 「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」を選び、そのまま次の画面に進んでください。

  • Web画面のデザインはイメージです。変更する場合があります。

お申し込みの際にご登録いただいたメールアドレスに、手続き完了のメールをお送りしますので、プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、お手続きをお願いします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

電話でお申し込みをする場合

ご入会のお申し込みをいただく際、オペレーターが「ご紹介者はいらっしゃいますか」とおうかがいします。
⇒おそれいりますが「後から申し込みます」とお答えください。

入会完了

あなたと、あなたのお友だち・ごきょうだいに「教材」をお送りしますので、
プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、0120-332211(9:00~21:00年末年始除く 通話料無料)までお電話ください。 ※一部のIP電話からは042-679-8567(ただし通話料がかかります)
その際、「お友だち・ごきょうだいの紹介であること」と「ご紹介者の会員番号」を忘れずにお伝えください。どちらかお一人がお手続きをすれば、お二人分のプレゼントをお届けします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

「入会申し込みページ」の「支払い方法等の選択」内にある
「ご紹介者」の欄に、紹介してくれる方の情報をご入力ください。

紹介制度フォームサンプル

【お申し込み前に必ずお読みください】

●1月号(12/27まで)にご入会した方がキャンペーン対象です。
●受講費は1ヵ月分かかります。2月号以降を継続されない場合は、支払い期間にかかわらず「毎月払い」1ヵ月分の受講費のお支払いとなります。
●1ヵ月で退会する場合は1/10までに電話連絡が必要になります。ご連絡はお電話に限ります。
●退会連絡をいただかない場合、引き続き2月号以降をお届けします。