ご質問・ご相談 入会のお申し込み 無料体験教材・資料のお申し込み

英語・筆記

物語が日誌形式に。内容を大づかみする力が引き続き求められた。難易は昨年並
SF風の物語が日誌形式で出題され、グラフや広告、論説など、素材や目的に応じた読み方が引き続き求められた。主題の特定など全体の概要を問う問題が出題され、現行課程で重視される英文の内容を素早く大づかみする力が、昨年同様求められた。

全体概況
大問数・
解答数
大問数6は昨年から変更なし、解答数は55個から1個減の54個であった。
出題形式 形式や配点に変更があった。第3問の会話がなくなり、第5問でSF風の物語が日誌形式で出題された。第2問と第4問では配点が増加した。英文量が多いので、素材や目的に応じた読み方をし、素早く概要をとらえる力が求められた。
出題分野 発音・アクセントから、読解、視覚情報を含む英文理解までの幅広い領域が問われており、多岐にわたるジャンル・形式の出題であった。
問題量 昨年並。
難易 昨年並。
大問構成
大問 出題分野・大問名 配点 難易 備考(使用素材・テーマなど)
第1問 「発音・アクセント」 14点 ★★★★★標準  
第2問 「文法・語彙語法・語句整序・応答文完成」 47点 ★★★★★標準  
第3問 「不要文指摘・発言要約」 33点 ★★★★★標準 B「映像制作の課題についての話し合い」
第4問 「データ読み取り(図表・広告)」 40点 ★★★★★やや易 A「商品の色が消費者の購買意欲に与える影響」
B「料理教室の広告」
第5問 「長文読解(物語)」 30点 ★★★★やや難 「惑星Xの探査日誌」
第6問 「長文読解(論説)」 36点 ★★★★★標準 「科学技術の発展によるものの見方の変化」
英語・筆記の攻略ポイント
<全体総評>
論理的な英文を構築できるか、英文全体の論理展開を把握できるか、素材に応じた読み方ができるかなど、実践的な英語力を測る出題構成・問題内容であった。昨年に引き続き、第3問Bや第6問を中心に、意見の要約や共通点の理解、英文の主旨・目的の特定など概要把握の力が重視された。現行課程で重視される、部分的読解にとどまらず全体を把握する力を身につけておきたい。
<第1問:発音・アクセント>
第1問では、頻出単語の発音・アクセントに絞って演習を行うのではなく、通常の授業や英語学習の中で、教科書や問題集の音読などを通して常に正確な発音で英文を読む習慣を身につけ、話す技能につながる音声知識を習得したい。また、今年も引き続きカタカナ語が複数出題されたので、特に日本語と英語での発音の仕方が異なるカタカナ語については、今後も注意が必要である。
<第2問:文法・語彙語法・語句整序・応答文完成>
第2問では、例年日常的な場面で使用する語彙・語法が出題される傾向がある。教科書の学習にとどまらず、広く英語に触れる機会を持ち、多様な語彙・イディオムの習得に努めたい。語彙学習の際には、英和辞典で複数の意味や例文を確認したり、英英辞典を使って、その語の持つイメージを思い浮かべたりしながら習得する習慣をつけたい。また、日常的な場面でよく使われるイディオムや語と語のつながりについても、文法の基本事項とともに低学年からの定着を徹底したい。さらに、英文を書かせる際にも、書いた後に自分で文法的な間違いがないかなどを確認することは本問を解く力の養成になるだけでなく、書く技能の向上にもつながるであろう。
<第3問:不要文指摘・発言要約>
第3問Aでは、英文の主旨をつかみ、前後の文との関連性に注意しながら、不要な一文を選ぶ問題が出題された。英文を書かせる際にも、趣旨に沿った論理的な英文を書かせることが、本問を解く力の養成になるであろう。Bでは、発話者ごとの談話の要旨を把握しながら読むことが求められており、日ごろから内容をおおまかに理解しながら読んだり、前後の文脈から発話者の考えや立場を理解したうえで要旨をつかんだりすることを心がけておきたい。さらに、複数の話者に共通する内容が問われたことから、現行課程で重視される、討論の場において相互の意見の共通点や相違点を把握する力の養成も重要である。
<第4問:データ読み取り(図表・広告)>
第4問Aのデータ読み取り問題では、昨年同様英文とグラフを組み合わせた問題が出題された。英文から数値に関する情報を読み取ったり、項目の傾向を把握したりする力を身につけておきたい。最終パラグラフに続く内容を選ばせる問題がここ5年出題されているので、日ごろから各パラグラフの要旨だけでなく、英文全体の構成や展開を把握するようにしたい。Bでは、該当箇所を見つけて必要な情報を精査し正答を導く、スキャニング力の養成につながる演習をしたい。
<第5問:長文読解(物語)>
第5問の読解問題(物語)では、話の展開の正確な理解、書き手や登場人物の言動の理由といった直接的には書かれていない内容の推測など、素材に応じた読み方の練習をするとよいであろう。日ごろの学習では物語やエッセイ、スピーチ、メールなど様々なジャンル・形式の英文に触れ、話者の立場や意見、登場人物の関係性、心情に関する読み取りや素材から得られる教訓の把握など、その素材ならではの読解ができるようにしたい。
<第6問:長文読解(論説)>
第6問の読解問題(論説)では、パラグラフの要旨として適切なものを選ばせる問題に対応できるように、英文を読む際には、パラグラフごとに要旨をまとめながら読み進めるとよいであろう。英文全体における各パラグラフの位置づけは常に意識したい。

日ごろから様々なジャンル・テーマ・形式の英文に触れ、必要に応じて時間を計って英文を読み、その内容をまとめる演習などを積んでおきたい。また、今年も本文中の表現が設問の選択肢では別の表現に言い換えられている問題がみられた。正確な読解に加えて、英文の言い換えに対応する力も身につけたい。

現行のセンター試験の形式においても、第3問Bのように、マークシートという制約の中で話す技能や書く技能につながることを意識した出題がみられる。今後の入試改革の動きを見すえて、論理的に読む練習、聞く練習、書く練習、話す練習を重ね、幅広い英語力や深い思考力の一層の育成を図りたい。

Benesseお茶の水ゼミナール講師陣による
センター試験「差がつく問題」攻略ポイント解説

首都圏で展開しているベネッセグループ大学受験予備校「Benesseお茶の水ゼミナール」講師陣が2018年度のセンター試験を分析し、「高得点を取るために差がつく問題」をピックアップ。
難関国公立大・難関私大に強い講師陣による約15分の講義で、試験本番で高得点を取るためのポイントが掴めます。

英語筆記

リスニング

実践的な英語力に加え、音声と文字情報の同時処理が鍵。難易は昨年より難化
音声情報とイラストを含む文字情報(地図)を組み合わせて答える問題や、討論の場面が出題されるなど、引き続き実践的な英語力が求められた。形式は昨年踏襲ながら、選択肢に工夫がなされた問題、複数情報の整理が必要な問題も多く、昨年より難化。

全体概況
大問数・
解答数
大問数4、解答数25個は、昨年から変更なし。
出題形式 出題形式は昨年通りで、出題傾向に大きな変化は見られなかった。
出題分野 例年通り、日常的な会話からモノローグの内容把握まで幅広く問われた。
問題量 昨年並。
難易 昨年よりやや難化。
大問構成
大問 出題分野・大問名 配点 難易 備考(使用素材・テーマなど)
第1問 「短会話・Q&A選択」 12点 ★★★★★標準  
第2問 「短会話・応答文選択」 14点 ★★★★やや難  
第3問 「会話/地図と対話文」 12点 ★★★★やや難 A問14「今晩の夕食」、問15「図書館での貸し出し期間延長」、問16「インタビューの宿題」
B「地図と観光予定に関する夫婦の会話」
第4問 「モノローグ/話し合い」 12点 ★★★★★標準 A「外国人留学生の日本での寮生活に関する体験談」
B「留学予定者向け冊子の内容についての話し合い」
英語・リスニングの攻略ポイント
<全体総評>
日常的な会話の場面だけではなく、複数人による話し合いの場面など、読まれる素材の種類や場面が幅広い出題であった。また、音声情報と地図上の文字情報を組み合わせなければ解けない問題など、技能融合を意識した問題も出題された。日ごろの学習では、単に音声を聞くだけでなく、素材それぞれの内容に応じた聞き取りができるよう、様々な形式の問題に取り組んでおくことが必要である。

昨年と同様に、部分的な聞き取りで正答を導くのではなく、複数の情報をもとに判断したり、すべての内容から総合的に判断したりする、いわば聴解力と同時に思考力を要する出題傾向であった。今後の対策としては、過去問や模擬試験の問題を利用して類題演習を行うことはもちろん、常に「実践的な場でのリスニング」を想定し、英語を聞いて、その内容に関する英語の質問に答える練習や、英文の書き取り(ディクテーション)、音読などを、日々の学習の中にできるだけ多く取り込んでおくことが必要であろう。さらに、聞き取った内容について要旨や結論をまとめるといった演習を行うことで、概要を素早く把握する力の強化につながるであろう。

実践的なセンター試験対策を行う時期には、解答に必要な語句を正確に聞き取るだけでなく、印刷されている質問文や選択肢に事前に目を通し、それらの意味を素早く把握したうえで、どんな状況や場面の英文かを予測しながら聞き取る練習にも力を入れておきたい。また、数値を含む複数の情報が読まれたり、正答に関わる箇所の英文が選択肢で言い換えられたりすることが多いという傾向を踏まえたうえで、メモの取り方なども含めた解答の仕方を練習する必要がある。

Benesseお茶の水ゼミナール講師陣による
センター試験「差がつく問題」攻略ポイント解説

首都圏で展開しているベネッセグループ大学受験予備校「Benesseお茶の水ゼミナール」講師陣が2018年度のセンター試験を分析し、「高得点を取るために差がつく問題」をピックアップ。
難関国公立大・難関私大に強い講師陣による約15分の講義で、試験本番で高得点を取るためのポイントが掴めます。

英語リスニング

センター試験で高得点を取るために今必要なこととは?

↓センター試験で
高得点をめざしたい方へ

高校講座の詳細はこちら
一番上に戻る

進研ゼミ 高校講座
会員向けページにようこそ

会員のかた
進研ゼミ 高校講座 ご受講のかた
保護者のかた
進研ゼミ 保護者通信

高校講座 オプションお申し込み(有料)

リスニング&スピーキングの力をグンと高めて授業や入試に自信が持てる!<Challenge English 中学・高校4技能クラス>
小論文を入試科目とする人向けの専用特別講座<小論文特講>

各種お手続き

受験プラン・コース変更、教科・科目の追加 登録内容(住所・電話番号・支払い方法など)の変更

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

※進研ゼミ『高校講座』について。矢野経済研究所「2014年版 教育産業白書」をもとに事業者を選定し、自社による第三者機関でのインターネット調査で高校生3,000人を対象に行った2015年4月時点で利用している学習法についての調査結果より。

学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生

学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生

学習方法を診断する学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生
進研ゼミ ハイブリッドスタイル 利用環境条件

「進研ゼミ ハイブリッドスタイル」はお手持ちのiPadでご利用いただけます。

対応機種
iPad(第4世代)、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4
通信環境

常時接続可能なブロードバンド(光ファイバなど)環境と、無線LAN(Wi-Fi)環境をご用意ください(10Mbps以上を推奨)。
ご利用環境の通信速度については、下記より事前にご確認ください。

あとから紹介制度のやり方

入会後に、ご紹介者の情報を登録することもできます。入会フォームの「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」にチェックを入れてください。

Webでお申し込みをする場合

「入会申し込みページ」の「支払方法等の選択」内にある「ご紹介者」の欄で、 「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」を選び、そのまま次の画面に進んでください。

  • Web画面のデザインはイメージです。変更する場合があります。

お申し込みの際にご登録いただいたメールアドレスに、手続き完了のメールをお送りしますので、プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、お手続きをお願いします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

電話でお申し込みをする場合

ご入会のお申し込みをいただく際、オペレーターが「ご紹介者はいらっしゃいますか」とおうかがいします。
⇒おそれいりますが「後から申し込みます」とお答えください。

入会完了

あなたと、あなたのお友だち・ごきょうだいに「教材」をお送りしますので、
プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、0120-332211(9:00~21:00年末年始除く 通話料無料)までお電話ください。 ※一部のIP電話からは042-679-8567(ただし通話料がかかります)
その際、「お友だち・ごきょうだいの紹介であること」と「ご紹介者の会員番号」を忘れずにお伝えください。どちらかお一人がお手続きをすれば、お二人分のプレゼントをお届けします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

「入会申し込みページ」の「支払い方法等の選択」内にある
「ご紹介者」の欄に、紹介してくれる方の情報をご入力ください。

紹介制度フォームサンプル

【お申し込み前に必ずお読みください】

●1月号(12/27まで)にご入会した方がキャンペーン対象です。
●受講費は1ヵ月分かかります。2月号以降を継続されない場合は、支払い期間にかかわらず「毎月払い」1ヵ月分の受講費のお支払いとなります。
●1ヵ月で退会する場合は1/10までに電話連絡が必要になります。ご連絡はお電話に限ります。
●退会連絡をいただかない場合、引き続き2月号以降をお届けします。