UPDATE 2019.07.12

模試の判定がなかなか伸びないキミ必見!ギャップを埋める+αの学習とは?【高3生向け】

サムネイル

高校3年生になって、模試を受ける際の「判定」を今まで以上に気にするようになった・・・という人も多いのではないでしょうか。

『エンカレッジ』など、志望大レベル別の教材で一生懸命勉強しているのに、なかなか判定が上がらず、志望大B判定に必要な偏差値といまの自分の偏差値とのギャップに悩んでしまうこともあるかもしれません。


そこで今回は、志望大とのギャップを埋めるための「+α」の学習についてお伝えしていきます。

志望大レベル別の学習+自分の実力に応じた演習がギャップを埋めるカギ

1.志望大レベル別教材への取り組みはマスト!

志望大レベル別

志望大合格のためには、志望大のレベルにあわせた「合格するために必要な学習」をすることは外せません。

志望大レベル別の『エンカレッジ』「添削課題/マーク課題」『合格への100題』に確実に取り組み、実力をつけていきましょう。

2.ギャップを埋めるには「自分の実力にあわせた演習」が有効!

演習プラス

志望大レベル別教材は、ゴールから逆算してつくられた教材です。

そのため、「いまの自分の実力では難しい内容」になっていることも。

志望大とのギャップを埋めるためには、志望大レベル別教材の難易度に自分の実力を追いつかせることが大切です。


そのために有効なのが、自分の実力にあわせた演習をプラスすること。

実力にあった演習に取り組んで少しずつ実力を上げていくことで、志望大レベル別教材の学習効果がより高まり、志望大とのギャップを埋めることにつながっていくのです。

実力にあわせた演習には「デジタルレッスン」がオススメ

デジタルレッスン入口

志望大とのギャップを埋めたい!と感じている人にオススメなのが、「ゼミ」の会員サイトから取り組める「デジタルレッスン」。


5教科13科目使うことができて、演習のレベルも基礎の確認問題〜入試レベルの問題までそろっているので、自分の実力にあわせた演習に取り組むことができます。

特にニガテな科目については、基礎があいまいなまま志望大レベル別教材をやり続けるより確実に力をつけていくことができるはずですよ。


また、「合格への学習戦略」 で志望大や各教科のトクイ・ニガテを登録しておくと、キミにぴったりのレッスンをおすすめすることができるので、この機会にぜひ試してみてくださいね。

おすすめレッスン

ニガテすぎて問題からやるのはちょっと・・・という場合には、「デジタルレッスン」の講義がオススメ。

音声・アニメーションなども使いながら、とことんわかりやすく説明しているので、一度取り組んでみてくださいね。

デジタル講義

志望大レベル別+αの学習で、ギャップを埋めて合格へ近づこう!

ここまでお伝えしてきたように、ギャップを埋めて合格へ近づくためには、志望大レベル別の学習にいまの実力に応じた+αの学習が効果的。

「デジタルレッスン」をフル活用して、この夏にギャップを埋められるように頑張っていきましょう!

>>デジタルレッスンは、PC・タブレットから高校講座会員サイトにアクセス!<<


  • ※受講科目に関わらず5教科利用可能です。
    ※スマートフォンではご利用いただけません。PC・タブレットでご利用ください。
    ※最新の動作環境は高校講座サポートサイト(spt.zemi.jp)をご確認ください。

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座編集室 山田
「問題を解きながら理解する」を高3夏休みに実践。ニガテな数学は教科書レベルの問題で徹底的に基礎をやっていました。

記事一覧へ

カテゴリー

模試の判定がなかなか伸びないキミ必見!ギャップを埋める+αの学習とは?【高3生向け】 高校3年生になって、模試を受ける際の「判定」を今まで以上に気にするようになった・・・という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、志望大とのギャップを埋めるための「+α」の学習についてお伝えしていきます。 つける> する する /kou_news/juken/img/0824/img_main01.png 1