UPDATE 2019.07.17

高校生活で使うとカッコイイ四字熟語【一学期見直し編】

タイトル画像

こんなはずでは

あっという間にやって来る2学期(or後期)。ちょっと前まで、これから始まる新生活を前に目標や計画を立てていたみなさん。

やりたかったこと、できましたか? 

今後のためにも1学期(or前期)の自分をちらっと見直してみましょう。

過去、振り返りたくないですけどね。卒アルのもっさりした写真とかね。あれの前では人間は無力。

●(ちょいちょい計画倒れだった!)

「痛定思痛(つうていしつう)」…失敗した後、しっかり反省…

テスト前に焦らないよう家庭学習を地道に頑張る! と思っていたのに、気づくとドラマ2時間見てたよ自分! と泣いたみなさんお元気ですか。 でもここで謙虚に痛定思痛できれば楽しい2学期はすぐそこに。 今からしっかり反省し、ドラマを見ながらでも勉強できるスキルを上げましょう。いやそこじゃない。

【マネしなくていい!活用例】

痛定思痛

●(そもそも目標立ててなかった!)

「一寸光陰(いっすんのこういん)」…時間はあっという間に過ぎる…

月日がたつのは早いので、わずかな時間もムダにせず、今やるべきことをやりましょう。 大げさなものでなく、何か一つくらいでも目標をつくるとか。 授業中に寝るのをやめるぞ、と授業中に寝ながら考えたり、先輩や後輩の陰口は言わないぞ、陰でしか。と誓ったり。

【マネしなくていい!活用例】

一寸光陰

●(なんならモテなかった!)

「枝葉末節(しようまっせつ)」 …本質から外れたところにこだわる…

「デート代は男が出すの当然って思われてもな〜」、「SNSのアイコン、オレとのツーショットにされたら困るし〜」とか気にしてるそこのあなたとアナタ。 それは彼女ができてから!  そこ気にするより、まずは本質的に、どうしたら彼女ができるかを考えましょう。

【マネしなくていい!活用例】

枝葉末節

●(しれっと目標達成した)

「好事多魔(こうじたま)」…順調な時ほど邪魔が入る…

うまくいっている時ほど何かが起こるもの。成功が早いと失敗も早い。 安心しすぎないように気を引き締めましょう。 テストの日の忘れ物や寝坊、体育祭の前のケガ、告白に成功した次の日フラれるとか。何した。

【マネしなくていい!活用例】

好事多魔

見直しは充実の2学期への早道

大きな目標よりも、「今日やることを今日やる」ことの方が、実は結構難しいものです。

でも「1学期にもっとこうすればよかった…」と悔いが残ってる人は、2学期からは時間を大切に有効に使うようにしましょう。


最初は少しきつくても、新しい自分に出会えるはずです。

今ほんのちょっとだけ瞳を閉じて、充実の2学期を送る姿を想像してみましょう。

で、気づくと朝に。まずはそこから。

<この記事を書いた人>
風野由里子
高校生情報誌ライター

記事一覧へ

カテゴリー

高校生活で使うとカッコイイ四字熟語【一学期見直し編】 あっという間にやって来る2学期(or後期)。ちょっと前まで、これから始まる新生活を前に目標や計画を立てていたみなさん。やりたかったこと、できましたか? 今後のためにも1学期(or前期)の自分をちらっと見直してみましょう。過去、振り返りたくないですけどね。卒アルのもっさりした写真とかね。あれの前では人間は無力。 つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0757/img_main01.png 1