UPDATE 2019.01.10

寝る前の動きで肩こりを解消!簡単「しながら」ヨガ

毎日の勉強・部活から来る、肩こりはキョーレツですよね。勉強しようと思っても体が思うように動かず、眠りも浅い。肩こりは多くの高校生が悩む問題かもしれません。

そこで今回は、寝る前の動作を「しながら」でできる、簡単な「肩こり・目の疲れ解消ヨガ」を紹介します。

「おやすみなさい」しながら肩こり解消!

「おやすみなさい」しながら肩こり解消!

①片足を前に出し、足先はまっすぐ前に向ける
②両手を体の後ろで組み、息を吸いながら胸を張る(腰は反らさない)
③手を組んだまま「おやすみなさーい」と息を吐きながら前屈していく。
④前屈できる限界まで来たら、そのままの体勢で首の力を抜き、リラックスして20秒間キープする。

★POINT
前屈中は、組んだ手の平ができるだけ体から遠くに離れるようにイメージしましょう。

肩こりは、筋肉などの緊張状態によって起こる血行不良が主な原因です。そのため、肩回り、特にけんこう骨とその周りにある僧帽(そうぼう)筋と呼ばれる部分をしっかりほぐす必要があります。上記は鶴のポーズといって、けんこう骨をとじることでほぐすヨガです。

それでも肩がこる…というキミへ!
電気を消して肩こり解消!

電気を消して肩こり解消!

①あぐらを楽な姿勢でかく
②息を吸いながら両手を頭の上で合わせて電気の紐をつかむ。 (紐がない人はイメージしましょう)
③背中をぐーっと上に伸ばしながら、肩はなるべく下に下げるようイメージする。
④この体勢で5回深呼吸。終わったら紐を引いて電気を消して眠りましょう。

同じように肩回りの骨・筋肉をほぐすこの木のポーズは、けんこう骨を逆に伸ばすことで、しっかりとほぐすことができるヨガです。


手間なく寝る前の動きの中でヨガを実践して肩こりを解消させ、しっかりと睡眠をとって次の日の授業にのぞむようにしましょう。

  • <この記事を書いた人>
    イラストレーター りゃんよ

記事一覧へ

カテゴリー

寝る前の動きで肩こりを解消!簡単「しながら」ヨガ 毎日の勉強・部活から来る、肩こりはキョーレツですよね。勉強しようと思っても体が思うように動かず、眠りも浅い。肩こりは多くの高校生が悩む問題かもしれません。 つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0527/img_main01.png 1