UPDATE 2019.01.09

高校生活で使うとカッコイイ
四字熟語【新年・心機一転編】

新しい年は、新しい自分で

何かを始めたい、やり直したいという時、新年というのはよいきっかけになるものです。せっかくなので心機一転、目標を立ててみるのはどうでしょう。…あ、しれっと四字熟語、出ましたね。こんな風にさりげなく使ってみると、うっかりデキる人に見えたりします。何かの間違いで新年初デートもあるかもしれません。ではそこを追及される前に、始めます。

●(成績を上げたい!)
「駑馬十駕(どばじゅうが)」…努力次第で秀才にも追いつける…

成績UPは努力次第。ないのは才能ではなくて根気が9割。新しい年こそ駑馬十駕で頑張っていきましょう。「学年で何番以内!」などの目標を持つのもいいかもしれません。努力してライバル全員の黒歴史を探して動揺させるとか。いやそれは。
【マネしなくていい!活用例】

●(自分を磨きたい!)
「韋弦之佩(いげんのはい)」…性格を直す努力をする…

もめ事が多いのは自分の短気のせいじゃないかとか、友達が冷たくなったのは自分がいつも遅刻するからかも…とか、何か思い当たる節がある人は、新年こそいい機会です。改善する努力をしましょう。気づいていれば。
【マネしなくていい!活用例】

●(かたすぎるキミに!)
「石部金吉(いしべきんきち)」 …堅すぎて融通が利かない…

今のままでいい! とか、逆に目標を立てるとガチガチに守らないと気が済まないので、少しでもうまくいかないと人百倍落ち込んだり。全くやっかいなんですよ、石部金吉というやつは。少しはインスタとかやって軽くなれって言ってるんですけどね。この流れ、もうやめますね。
【マネしなくていい!活用例】

●(身を任せたい〜)
「行雲流水(こううんりゅうすい)」…自然の成り行きに任せて生きる…

物事に執着せず、空を行く雲や流れる水のように、流れに任せて行動する。わ、心がふわっと軽くなりますね。新年だからって目標をつくらなくてもいいじゃないか、成績落ちたっていいじゃないか…、彼女できなくてもいいじゃないか…うぅっ…。やっぱりちょっとは目標つくりましょう。
【マネしなくていい!活用例】

とは言え、ほどほどに。

目標も高すぎると竜頭蛇尾(りゅうとうだび=最初だけ勢いがよく、あとはどんどん尻すぼみ)になりかねないので、少しゆるめもいいかもしれません。シャンプーとコンディショナーを同時に使いきるとか。いや、あれは相当ハイレベル。

<この記事を書いた人>
風野由里子
高校生情報誌ライター。

記事一覧へ

カテゴリー

高校生活で使うとカッコイイ
四字熟語【新年・心機一転編】
何かを始めたい、やり直したいという時、新年というのはよいきっかけになるものです。せっかくなので心機一転、目標を立ててみるのはどうでしょう。…あ、しれっと四字熟語、出ましたね。 つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0525/img_main01.png 1