UPDATE 2018.12.21

進路が決まった高3生必見!部屋選びのポイントとは?

寒い日が続いていますが元気に過ごせていますか?
ほとんどの高3生にとっては受験が近づいてきて大変な時期だと思います。

ですが大学や受験方式によってはもう進路が決まったよ、という人もいるはず。今回は、進路が決定し、一人暮らしをする人に向けて部屋選びのポイントを紹介していきたいと思います。

ポイントその1:立地

ポイント1立地

重要なポイントとして挙げられるのは立地です。例えば大学からの距離や最寄り駅へのアクセス、スーパーがあるかなど周辺の充実度は調べておきたいところです。

ちなみに大学から近いことのメリットとしては、
・朝にゆったりと起きて準備ができる
・忘れ物をしてもすぐに取りに行けたり、授業のない空きコマに一旦帰ったりすることができる

大学から離れていることのメリットとしては、
・歩いたり自転車をこいだりする量が増え、適度な運動になる
・友人たちとの溜まり場になりにくい

などが挙げられます。自分はどっちがいいかな?と一度考えてみてはどうでしょうか。

周辺のことはスマホのマップで十分調べることができます。僕はGoogleのストリートビューで大学からアパートまで疑似的に歩いてみたりもしました。

ポイントその2:部屋の内部

ポイント2部屋の内部

次に大切なポイントとして挙げられるのは部屋の内部です。

具体的には、
・間取りに不満はないか
・(料理を頑張りたいなら)キッチンの広さは十分か、コンロの数は十分か
・バスとトイレは別々がいいか、同じ場所(ユニット式)でもいいか
・周囲の建物や方角的に日当たりは良さそうか

などが挙げられます。他にも収納スペースの大きさやロフトの有無にこだわりがあればチェックしてみてください。

ちなみに僕は一人暮らしを始めてから一度引っ越したことがあります。嬉しいことに、引っ越す前はコンロが1つでキッチンも狭かったのですが今住んでいる部屋はコンロが2つでスペースも広いです。ほぼ毎日自炊をしているのでいい所に住めたな、と感じています。

ポイントその3:セキュリティ

ポイント3セキュリティ

安心安全に暮らせるに越したことはないので、余裕があるならセキュリティ面も確認しておきたいところ。例えば下見に行くときに防犯カメラがあるかどうか(あるだけでも抑制力になります)を確かめることや、警備会社と提携した物件かどうかを知ることもできます。

最近は建物に入るためにも入り口で認証が必要な、2重のロックともいえる形式のアパートも多いです。これは防犯上だけでなく、怪しい訪問や勧誘のシャットアウトもできるので人気があります。

最後に

いかがでしたか?いくつか部屋選びのポイントを紹介しましたが、条件のいいところほど人気が高いです。希望をすべて叶える部屋を見つけるのは難しいので、あらかじめ優先順位をつけて妥協できるところと譲れないところをはっきりさせておきましょう!

<この記事を書いた人>
名古屋大理学部 先輩チューター ランディ
一人暮らし4年目。気楽で自由で快適です。笑

記事一覧へ

カテゴリー

進路が決まった高3生必見!部屋選びのポイントとは? 大学や受験方式によってはもう進路が決まったよ、という人もいるはず。今回は、進路が決定し、一人暮らしをする人に向けて部屋選びのポイントを紹介していきたいと思います。 つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0491/img_main01.png 1