UPDATE 2018.12.19

集中できる学習机にチェンジ!家で簡単にできる整理方法3選

勉強を始めたときはやる気があったのに、ついついスマホや周辺のものが気になって気づいたら時間が経っていた…なんていうことありませんか?

そのお悩みには学習環境を整えることがとても効果的です。この記事では短時間でできる簡単な整理方法をご紹介します。

1.全てのモノに指定席を作る

思い出BOXの例

「とりあえずここに置いておこう」が積み重なることで、勉強机にはモノが増えてしまうことが多いです。なので、どこに何を置くかを全てのモノに定位置を決めるのが整理の大切なポイントです。
でも机周りにモノが溢れた状態で指定席をつくるのは大変。まずは勉強に関係のないものを全て机周りからどかしましょう。思い出のものは箱ひとつ分の「思い出BOX」にまとめてどかすのがおすすめです。

2.手に取れる位置に必要なものを置く

スタメンサブメンの例

指定席を考えるときのポイントは「よく使うものほど、座ったときに手に近い位置に置くこと」。例えば、スタメンゾーンには普段使う宿題や教科書、サブメンゾーンにはたまに使う参考書を置くようにすると、悩まずに手に取ることができます。

3.机の上に物を置かない

机の例

机の上に筆記用具や教科書を立てて置いている方も多いかもしれませんが、実は目につくためついつい他の教科に手をだしたくなってしまいやすいのです。

机の上はあえて何も置かないようにすると気持ちがスッキリします。必要なものはその都度取る形式にすると、その時やると決めたことにも集中できて◎。 やる気UPのために思い出の品などを置きたい場合は1点に絞るようにするのがおすすめです。

いかがでしたか?集中できる机を作るコツは「迷わない環境をつくること」です。ちょっとした工夫で集中できる勉強机はつくることができるので、皆さんもぜひ机をきれいにしてスッキリとした気持ちで勉強に向かってくださいね。

監修:整理収納アドバイザー 長谷川美子先生

<この記事を書いた人>
編集者 藤原
会社のデスクもアドバイスに則って綺麗にするとスッキリしました!環境って大事ですね〜!!

記事一覧へ

カテゴリー

集中できる学習机にチェンジ!家で簡単にできる整理方法3選 勉強を始めたときはやる気があったのに、ついついスマホや周辺のものが気になって気づいたら時間が経っていた…なんていうことありませんか?そのお悩みには学習環境を整えることがとても効果的です。この記事では短時間でできる簡単な整理方法をご紹介します。 つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0483/img_main01.png 1