UPDATE 2018.12.06

普通の歯ブラシを電動歯ブラシに改造してみた(けどマネ厳禁。)

こんにちは、高校生活応援工作のコーナーです。月1ペースで、工作で高校生活を便利にしようとする(実際に便利になるかは不明)活動をやっています。

ところで、高校生活といえば歯磨きですよね。部活の試合でドラマチックな逆転勝利を収めた日も、テストで人生最低得点をたたきだした日も、気になる異性との距離が一歩縮まった日も、例外なく朝晩は歯磨きをするわけです。もはや青春は歯磨きの支配下にあるといっても過言ではない。

この支配からの卒業

歯ブラシ

とはいえ別に好きで歯磨きしてるわけじゃないですよね。歯磨き楽しい!!!!っていう人も中にはいるかもしれないけど、ほとんどの人は、ほかに歯のケアをする方法がないから仕方なくやっていると思います。忙しい高校生活、できればその時間を短縮したい。そこで、電動歯ブラシを作りました。

モーターと電池のついた歯ブラシ

ちょっといろいろむき出しすぎな気もしますが。

モーターと電池のついた歯ブラシが振動でスライドしていく様子

電動歯ブラシの原理ですが、「ブラシが振動して汚れを落とす」というのが、世の中のだいたいの電動歯ブラシの動作原理です。これは市販品に比べると見た目は最悪ですが、ちゃんと振動します。机の上に置くと、振動で動いていきます。本当に磨く力があるか、実際に汚れを落としてみましょう。

汚れた紙皿

この紙皿のデコボコ部分にこびりついた、チョコレートを落としていきます。

ピカピカの紙皿

ピカピカになった!!!
手づくり電動歯ブラシで、見事チョコレートがピカピカになりました!これ別に手で磨いてもピカピカになるんじゃ……、という疑惑はあるわけですけれども、そういうことを気にしないのがDIYを楽しむための大事な姿勢である。

作ってみた結果

・すげえ歯がきれいになる(気がする)
配線がむき出しなので感電に注意(致命的)

工作の解説

というわけで作り方も解説します。みなさんスマホ持ってますか? あれ着信すると振動しますよね。あるいはゲーム機のコントローラーとかね。なんで振動するかというと、中にモーターが入っているからです。

丸い部品

これは振動モーターという部品です。電池をつなぐと…

振動する振動モータ

こんな感じで振動するんです。これどういう仕組みになっているかというと、普通のぐるぐる回るモーターに、片寄ったオモリがついてるんですね。
洗濯する時、洗濯機の中で洗濯物が片寄ってると、洗濯機がガッコンガッコン揺れるじゃないですか。あれと同じです。重心のずれたオモリが回ると揺れるんです。

ということは……?

軸にナットを貼りつけたモーター

普通のモーターも、こんなふうにちょっとオモリをつけるだけで、振動モーターになるんですね。

振動でスライドするモーター

めちゃめちゃ揺れます。
これをそのまま歯ブラシにつけると…

こうなるわけです。電動歯ブラシの完成!
ちょっと刺激が足りんなという人はオモリを大きくすれば振動も大きくなります。しかし正直、水回りで電気を使うのは危険なのでやめような。(記事全否定)

というわけで、また次回!

<この記事を書いた人>
石川大樹

記事一覧へ

カテゴリー

普通の歯ブラシを電動歯ブラシに改造してみた(けどマネ厳禁。) 高校生活といえば歯磨きですよね。部活の試合でドラマチックな逆転勝利を収めた日も、テストで人生最低得点をたたきだした日も、気になる異性との距離が一歩縮まった日も、例外なく朝晩は歯磨きをするわけです。もはや青春は歯磨きの支配下にあるといっても過言ではない。 つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0455/img_main01.png 1