UPDATE 2018.11.01

つくって楽しい、使ってかわいい、「おそろい」グッズ3選

つくって楽しい、使ってかわいい、「おそろい」グッズ3選

仲良しのお友達や、先輩・後輩との、おそろいグッズ。目に入るたびに嬉しくなっちゃいますよね!買ったものもいいですが、手作りだと世界に一つのおそろいになります。今回は、簡単に作れて、オシャレに使えちゃうおそろいグッズのレシピ3選をご紹介します!

さりげないおそろいがオシャレ!カラフルカラビナ

カラビナ

キャラクターものは飽きてしまうし、主張の強いおそろいグッズは、せっかくおそろいにしても好みが分かれてしまったり…。そうならないためにおすすめなのが、さりげないおそろいグッズです。100円ショップでも手に入る「カラビナ(開閉できる部分がついた金属リング)」を簡単にアレンジするだけで、出来上がり。バッグにつけても、キーホルダーとしても使っても!
<材料>
・カラビナ(100円ショップで手に入ります)
・毛糸
<道具>
・ハサミ

【作り方】
①毛糸を適当な長さにカットする。カラビナのサイズによりますが、今回は約1mほどにカットしました。
②カラビナのフック部分の付けの位置に、毛糸の端を結びつける

毛糸の端を結びつける

③毛糸をカラビナに巻きつけていく。この時、毛糸の端をカラビナと一緒に巻いていくと始末が綺麗です。

毛糸の端

④巻き終えたら、端をカラビナに結びつけて余分な毛糸を切り、完成!

【アレンジ】
カラビナではなくても巻きつけられるものなら、なんでもOK。大きめのヘアピンで作ってみても可愛く仕上がりましたよ!

ヘアピン

バリエーションいろいろ!みつあみチャーム

チャーム

使う素材の色や編み方で、さまざまなバリエーションが楽しめちゃう、みつあみチャーム。おそろいで一つずつつけてもいいですが、二つつけるとおさげのようになってかわいいですよ!

<材料>
・毛糸
・リボン
・キーホルダーパーツ(写真参照)
・ダンボール
<道具>
・ハサミ
・定規

【作り方】
①ダンボールを20cmの長さに切る。
②ダンボールに、毛糸を巻きつけていく。編み方によって変わるが、基本的には25〜35周。

25〜35周

③巻き終わったら毛糸を切る。残っている毛糸で、てっぺんと折り重なった部分の2箇所を写真のように束ねて結ぶ。

結ぶ

④輪になっている部分を切る。

切る

⑤フックなどに引っ掛けて、お好きな編み方で毛糸を編む。

編む

⑥編み終わったらほどけないように毛糸できつく結び、リボン結びをする。毛糸の端を切りそろえる。

切りそろえる

⑦キーチャームに、③で結んだ部分を結びつけて完成!

完成

【アレンジ】

アレンジ

毛糸できつく結んだ後、上からリボンなどで結ぶと、よりエレガントな仕上がりになりますよ!

丸いモコモコがかわいい、リース風チャーム

リース風チャーム

最後にご紹介するのは、フェルトボールを使った、リース風のチャームです。バッグにつければ、かわいいアクセントに!フェルトボールは100円ショップや手芸洋品店で手に入ります。既成のものが便利ですが、手芸店ではフェルトボールの材料となる羊毛と、フェルトボールを作れるキットも販売されていますよ。

<材料>
・フェルトボール
・刺繍糸
・リボン
・キーホルダーパーツ(写真参照)
<道具>
・刺繍糸用針
・ハサミ

【作り方】
①針を使って、フェルトボールの中心に刺繍糸を通す。

刺繍糸を通す

②刺繍糸の端同士を結ぶ。この時、きつく結びすぎると羊毛フェルト玉が潰れてしまうので、気をつけてください。

結ぶ

③リボンをリボン結びし、写真のように刺繍糸を通して結びつける。

リボン

④キーホルダーパーツを、リボンと同様に結びつけて完成!

完成

今回は、毛糸・フェルトボールが大活躍のアレンジ3選を紹介しました。最近は100円ショップでも、様々な色・タイプの毛糸が売られています。質感や太さも様々あるので、いろんな素材を試して、自分だけのアレンジを発見してみてくださいね。世界に一つだけの「おそろいグッズ」で、お友達との仲もより深まりますように!

<この記事を書いた人>
諸岡若葉
毛糸のモコモコとした優しい質感に癒されながら、記事を書きました。

記事一覧へ

カテゴリー

つくって楽しい、使ってかわいい、「おそろい」グッズ3選 簡単に作れて、オシャレに使えちゃうおそろいグッズのレシピ3選をご紹介します! つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0404/img_main01.png 1