UPDATE 2018.10.29

進化系単語帳『スマ単』を知っていますか?

こんにちは、努力賞担当のなべおです。
皆さん「暗記」って得意ですか?
気合入れればできる…ハズ!部活やら授業やら忙しすぎて時間がとれない!数が多すぎてうんざり!やろうとすると眠くなる…などなど、誰もが一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

暗記の鉄板アイテムと言えば単語帳ですが、このデジタル時代、単語帳も進化しているんです!今日は進化した単語帳『手ぶらで暗記。スマ単』の機能を紹介します。

そもそも皆どうやって暗記しているの?

ひと言に「暗記」と言っても、得意な人不得意な人様々ですよね。そもそも皆どうやって暗記しているんでしょうか?高校講座の編集室員に高校時代の必勝暗記方法をインタビューしてみました。

みんなの暗記法1

みんなの暗記法2

みごとにバラバラ(汗)。それぞれで合うやり方が大きく異なっていて、皆が自分に合った手法を編み出しているようです…。

そうなると万人に合う暗記手法なんてないのでは!?という気がしてしまいますが、『スマ単』はどこまで皆の要望にこたえられているのでしょうか?

その特徴を一つずつ追いながら見てみましょう。

『スマ単』のココがいいところ!

特徴1 最初に手で書いて確認できる

特徴1 書いて理解度を確認できる

『スマ単』はまず専用ノートに自分で覚える内容を書きます。そのため、文系のNさんのように自分で「書いて理解度を確認」してから暗記に入ることができます。さらに書いて覚えて、見て覚えてとマルチに使えるので「五感ハイブリッド派」の理系のMさんにも向いていそうですね。

特徴2 ノートが自動で単語帳になり、スマホで確認できる

特徴2 スマホで読み込むと自動で単語帳に!

ノートをスマホで読み込むと、なんと「自動で」分別されて単語帳になります。以降はスマホ内で単語帳として使えるようになります。
いつでも持ち歩けるスマホですから通学時間などでの確認が一気に楽になりますね。しかも!いくつもの単語帳がつくれて、すべてスマホに収納できちゃいます。見て覚える派の人なら、誰もが役立ち感を得られそうな機能ですね。

特徴3 不安なところはサッと分別できて、まとめて個別復習が可能!

特徴3 サッと分別できて、まとめ復習できる!

『スマ単』は不安な問題だけを簡単に分別でき、後で不安に分類した問題だけを集中的に取り組むことができます。手間をかけずに「自分用にアレンジ」できるので「苦手集中派」の理系のYさんにピッタリですね。

特徴4 シャッフル & リバース機能でいろいろな方法で確認できる!

特徴4 いろいろなやり方で確認できる

前から順番に確認するだけでなく、順番をシャッフルして出題したり、裏面(答え)の内容から問題を出すことも可能。これなら定着したかどうかの確認が一人でもしっかりできますね!覚えたの確認を友達とする理系のOさんの使い方にも向いていそうですね。

———————
いかがでしたか?
いろいろな暗記手法のいいところに、スマホの利便性というところを組み合わせた単語帳が『スマ単』なのです!

暗記は自分に合ったやり方を見つけることが大事ですが、『スマ単』はいろいろな暗記のやり方に対応できるので、あなたの暗記手法にもきっと合うと思いますよ!

と言いつつ…気がついた方もいらっしゃると思いますが、『スマ単』は「音読暗記派」の文系のYさんにはちょっと向いてないかもしれませんね(汗)。
万人向け、とまでは言えませんが「多くの人にフィットする単語帳」とは言えると思いますので、皆さんもぜひテスト前に「やばいー!!」と思う前に、一度『スマ単』を試してみてはいかがでしょうか?

20ポイントと気軽に交換できるので、気になった方はぜひ努力賞で交換してみてくださいね。

▼努力賞アイテムのご紹介・お申込みはこちら

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座編集室 なべお
高校講座で物理を担当。実験が好きで、気になるものはとりあえず自分で試してみるバリバリの理系人間。週末は東京近郊の実験教室にちょくちょく出没中。

記事一覧へ

カテゴリー

進化系単語帳『スマ単』を知っていますか? 暗記の鉄板アイテムと言えば単語帳ですが、このデジタル時代、単語帳も進化しているんです!今日は進化した単語帳『手ぶらで暗記。スマ単』の機能を紹介します。 つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0398/img_main01.png 1