UPDATE 2018.10.03

休憩時間の5分でできる!疲れを取る3つの方法

秋といえば文化祭や体育祭など、行事がたくさんあってそろそろ忙しくなる頃ではないでしょうか。

ただでさえ忙しい高校生。勉強も行事も頑張りたいけど、部活だってある。でも元気に乗り切りたい!
そんなあなたに、授業の合間の休憩時間の5分でできる疲労回復法をお教えします!

1、目を休めよう

目を回復させた女の子

授業中は黒板を見たり教科書を見たりと、目を結構使いますよね。そうするとだんだん目が疲れてきてしまいます。

目の疲労は頭痛にもつながりますし、集中力も低下してしまいます。私も休憩時間に入ると、まずは目を休めるようにしていましたよ。
具体的には、こんな方法でしていました。
1、目をつむる
すぐにできますが、視界を遮ることで目を休めることができ、効果バツグンです。さらに目の上から手のひらを当て、目を温め るともっとリラックスできますよ。
2、窓から遠くを見る
授業中は黒板や机の上など近い場所をずーっと見ることが多いので、目の周りの筋肉が固まってきてしまいます。窓から遠くを 眺めて目の周りの筋肉をほぐしましょう。私はいつも向こうの方の空を眺めていましたよ。

2、深呼吸して落ち着こう

深呼吸する女性

問題集を解いたり先生の話を聞いたりして集中していると、肩が上がってきて体がこわばりがちです。

そのままでいると知らず知らずのうちに疲れてきます。いちど緊張をリセットする為にも、肩の力を抜いてゆっくり息を吐いて吸う深呼吸をしましょう。
座ったままでも立ったままでも良いので、背筋をのばし10秒くらい口から息を吐いて、吐ききったら鼻から息を5秒ほど吸いましょう。5回ほど繰り返せば、気持ちが自然と落ち着いてきますよ。

3、机から離れてリフレッシュしよう

机から離れて散歩する女の子

座りっぱなしは足がむくむし、筋肉がこわばって肩こりにもつながります。

友達のところへ話をしにいったり、トイレに行ったり。少し長めのお昼休みなら校庭に出るのも気分が変わって良いですよね。
少しでもいいので机から立ち上がって歩けば、脳が刺激されてリフレッシュできますよ。

忙しい毎日、「疲れたー!」とバテる前にしっかり休んで頑張りましょう!

<この記事を書いた人>
同志社大学 社会学部 先輩チューター ふぁにー
涼しくなってきたので、いろんなところに出かけたいです!

記事一覧へ

カテゴリー

休憩時間の5分でできる!疲れを取る3つの方法 ただでさえ忙しい高校生。勉強も行事も頑張りたいけど、部活だってある。でも元気に乗り切りたい!そんなあなたに、授業の合間の休憩時間の5分でできる疲労回復法をお教えします! つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0350/img_main01.png 1