UPDATE 2018.09.03

ダメかも…と思ったときラクにしてくれる
「荀子」の名言。

底なし沼に足をつっこむ、その前に

古典の時間、白いごはんに合うおかずを考えている方々、こんにちは。今回もみんな大好き古典の名言を、カラアゲははたしてごはんに合うのかと疑いながらご紹介します。テストをはじめ、うっかり落ち込みそうになる秋。そんな時には「荀子」。今日この名言を知るだけで、人生変わるかもしれません。さらばオレ。こんにちは新しいオレ。

●「禍いと福とは隣をなす」〜幸不幸は隣同士。幸あれば不幸あり、不幸あれば幸あり〜

人生いい時も悪い時もある。そのうえいいローテーションで来るわけではないので、トンネルを抜けるとそこはまたトンネルだったりもします。ひー。でも落胆するのはまだ早い。わ〜、またトンネルだよ〜ウケるぅ〜とか言いながら進んでいけば、トンネル3つ抜けた先に、ぱぁ〜っといい眺めが! パラダイス。不遇の時こそジタバタしない。それだけでいいことが待ってますよ〜。

「落ち込むな! いいことのあとには悪いことがあるさ!」
…あ、逆。

●「き歩を積まざれば、もって千里に至るなし」〜千里の道も一歩一歩の積み重ねでたどり着く〜

テスト前の勉強中、ちょっとのつもりでTwitter見る→どんどん見る→これ見たら絶対勉強する!と決める→やっぱ見る→寝てる…なみなさん、ようこそ。

日々の努力を続けることはしんどいけれど、若い時にラクな方に行くと、若くなくなってからが全然ラクじゃない。仕事もないしお金もない、夢が見つかっても学力が足りない…自由は楽しいですが、あとからが相当不自由です。でも今やっておけば後がラク。例えば寝る前ほんの15分でも集中すれば、確実に勉強は進んでいるし、目覚めが全然違うもの。コツコツが大事なのでコツ。

「帰る前に部室の掃除だ! 疲れていても今やっとけば明日が楽だぞ!」
(大きな動きで小さなとこふきながら)。

●「勝を急にして、敗を忘るることなかれ 」 〜勝負には、敗れることもあることを忘れるな〜

勝負の世界に限らず、勉強でも恋愛でも、敗北感にねっとりまとわりつかれて身動きとれない時がある。でも、負けもあると心の準備をしておけば、落ち込みは最小限に抑えられる。結果を急ぐ人は落ち込むのも早いけど、そこで歩みを止めない強さこそが本当の勝者かも。だから自分から沼に入らないでね〜。この世に才能のない人など一人もいないのだから!

「告ってフラれた時に備え、次に告白する相手を考えておけ!」 …いやそれは。

人間関係などで自分にどんよりしている人にはこれを〜。

●「千人万人の情は、一人の情是れなり」〜一人の心は千万人の心!〜

自分が寒い時は人も寒い。空腹でつらい時は人もつらいはず。そんなふうにほかの人を思いやる心を持てば、人間関係もうまくいくかも!

ちょっと踏ん張ると人生面白い

や、さぼってもいいんですよ。自分に甘々でも。ただ、さぼればさぼったなりの一年後や将来が待ってるってだけです。後から来る「あの時こうしておけば!」が一番しんどいぞ。
荀子で考え方の引き出しを増やして、小さな踏ん張りで大きな未来を手に入れましょう。モテないことに落ち込まず、モテない男の格の違いを見せつけてあっと言わせるとか。ん…じゃ…ま、そーゆーことで!

  • ※「荀子」とは!
    中国の戦国時代末期の学者・思想家、荀況の著。孟子の「性善説」に対して「性悪説」を唱え、異端に見られることもあったが、言ってることがいちいち納得の鋭さで、結果とてつもない大儒に。かっこいい。

<この記事を書いた人>
風野由里子
高校生情報誌ライター。

記事一覧へ

カテゴリー

ダメかも…と思ったときラクにしてくれる
「荀子」の名言。
古典の時間、白いごはんに合うおかずを考えている方々、こんにちは。今回もみんな大好き古典の名言を、カラアゲははたしてごはんに合うのかと疑いながらご紹介します。テストをはじめ、うっかり落ち込みそうになる秋。そんな時には「荀子」。 つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0299/img_main01.png 1