UPDATE 2018.08.29

運動がニガテでも大丈夫!
体育祭を楽しむ方法

夏休みが過ぎると体育祭や文化祭などのイベントごとが待っています! というわけで今回のテーマは「体育祭」です。体育祭、イベントごとが好きな陽キャ、そして普段は部活動に打ち込む体育会系部活の人たちが輝く祭典ですね。

運動音痴でも体育祭を楽しみたい

私自身は運動が得意じゃないけど、体育祭というイベント自体は好きでした。体育祭というイベントは陰キャも陽キャもグループの垣根なく一緒になって自分のクラスや組を応援することで、クラスで普段話さなかったような人とも交流が生まれる。体育祭の持つそういう側面は好きでした。

運動が苦手で体育祭がユウウツ…という人も、参加する競技を選べば体育祭を楽しむことができるはずです(選べる場合は!)。例えば、私の通っていた高校には「パン食い競争」がありました(かなりレアケースだと思うけど)。レーンの先には普段、お昼休みに販売に来るパン屋さんのいろんな種類のパンがぶら下がっていて、ランナーはレーンをはみ出して好きなパンをめざしてもよい、という競技でした。そうした「負けても笑いになる競技」を選んで参加したら運動が苦手な人も体育祭を楽しく乗りきれるはず。

おすすめは「負けても笑いになる」競技

徒競走やリレーはやはり行事の花形だと思うし、負けたらちょっと責任感じちゃいますよね。でもパン食い競争は負けても笑いになる。

ちなみにパン食い競争があったうちの高校、「三輪車レース」というのもあり、ガタイのいい男子生徒が一生懸命三輪車をこいで同じくガタイのいい男子生徒がその三輪車を押している姿はほほえましかったです。三輪車に意外な才能を発揮するヤツがいたり。体育祭とかの行事って、一緒に勉強している同級生たちの、普段は見ることができない姿が見られることがたまらなく楽しいんですよね〜。

あと、クラスの同級の体育祭ver.のレアビジュアル(「SSR!炎の応援団長」とか「SR!青組リレー選手」)がゲットできるのは一生でこの時だけだから、ぜひゲットしてみてくれよな!!!

<この記事を書いた人>
ちぷたそ
サブカル系ライター。

記事一覧へ

カテゴリー

運動がニガテでも大丈夫!
体育祭を楽しむ方法
夏休みが過ぎると体育祭や文化祭などのイベントごとが待っています! というわけで今回のテーマは「体育祭」です。体育祭、イベントごとが好きな陽キャ、そして普段は部活動に打ち込む体育会系部活の人たちが輝く祭典ですね。 つける> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0293/img_main01.png 1