UPDATE 2019.05.06

開くと光るペンケースで、
ペン探しを快適にしてみた

こんにちは、高校生活応援工作のコーナーです。月1ペースで、工作で高校生活のお悩みを解消しようとする(実際に解決できるかどうかは不明)活動をやっています。

ところで、高校生活といえばペン探しですよね。授業中ノートを取る時、友達に手紙を書く時、反省文を書かされる時など、高校生活の3割くらいはペンケースの中でペンを探している時間と言っても過言ではありません。今回はそんなペン探しを快適にする工作です。

冷蔵庫にインスパイアされたペンケース

これが今回の工作、光るペンケース。

ペンケースってたくさん入れようと思うとサイズが大きくなり、底が深くなってペンを探しにくくなりますよね。そこで、ペンケースの中を明るく照らしてやればペンを探しやすくなるのではないか。

もちろん、ただ光るだけではありません。みなさん、ご家庭の冷蔵庫を思い出してください。扉を開けると電気がついて、食べ物が探しやすいですよね。太古の昔、昭和の時代から、冷蔵庫にはあの機能がついていました。ペンケースだけいまだに光らないのはおかしいのでは!?

というわけでつくってみました。

ペンケースを開けると光る、閉じると消える

あら便利。
実際のところ、明るくなったところでペンを探しやすいかというとそれほどでもなかったです。しかし「開いたぞ」という達成感が妙に高まり、生活に潤いがでました。

このペンケースが真価を発揮するのは、なんといっても暗い場所で使った時。

暗闇で光るペンケース

まるで宇宙ステーションの窓から見た日の出のようです(Youtubeで検索してみよう)。ぜひ暗所で使いたいペンケース。でも暗いところで勉強すると目が悪くなるから絶対にやめような!

つくってみた結果

・別に探しやすくはない
・満足感は高い
・暗いところではきれい

結論:成功!

探しやすくなってないのに成功といっていいのか、と疑問に思わなくもないですが、そうでもしないと一生成功しないので評価は甘くしていきましょう。

次回以降もこういう感じで高校生の皆さんのお悩みを解決しようとしますので(実際に解決できるかは不明)、お悩みがある方はぜひTwitterで #工作で解決してほしい悩み のハッシュタグまでお寄せください。よろしくお願いします。(応募がない場合はねつ造します。)

工作の解説

今回は100均で買ったLEDライトを使いました。

小型LEDライト

ペンケースの開け閉めと連動させるため、これのスイッチをつけ替えます。つけ替えるのは…

ガラス管の両側から針金が伸びた部品

これ。リードスイッチといって、磁力でONになるスイッチです。

リードスイッチの仕組み解説

磁石を近づけると中の金属が動いて、電気が通るようになるんですね。

ペンケースのファスナーに磁石がついている

ペンケースのファスナーには強力なネオジム磁石を貼っておきました。

上記の仕組みの図

ペンケースを開けた時にファスナーがくる側に、リードスイッチつきのライトを入れておけば、開けた時に磁石が近づいて光る、というわけです。(絵が下手で恐縮です)

ライトの改造

実際どうやってLEDライトを改造したかも見てみましょう。まず構造を知るところから。まず改造前の状態を説明します。

LEDライトの構造

グレーの線が、電気を通す部分(中身はバネとか銅線とか)です。
ここで、理科で習ったLEDの回路のことを思い出してください。あれって、電池のプラス極を出発してLEDを通って、電池のマイナス極に戻ってきますよね。ぐるっと回って輪っかになってるんです。だから「回」路。でも上の図のグレーの線はただの直線で、輪っかになってないですよね。なんでLEDがつくと思いますか?

LEDライトの回路

正解は、こうです。片道はグレーの線を通りますが、もう片道は外装のケースに電気を通してるんですね。大胆!

構造がわかったところで改造です。今回はLEDの入った銀色のキャップと、電池の入った赤い筒までを使います。(後ろのキャップはキーホルダーとスイッチがついていますが使いません)

ケースに穴をあけているところ

ケースに穴をあけて

LEDライトにから伸びる銅線

電池から銅線を伸ばすと…

点滅するLEDライト

外装ケースを電気が通るので、外から銅線を当てても光ります。

LEDライトに銅線を貼ったところ

頭の方も延長しましょう。外にテープで貼っただけ。

磁石を近づけるとLEDライトが点灯

間にリードスイッチをつければ、磁石を近づけると点灯するLEDライトの完成です。あとはこれをペンケースに入れておくだけ。

というわけで完成図をもう一度。

ペンケースを開けると光る、閉じると消える

ではまた次回!

<この記事を書いた人>
石川大樹
(雑な)電子工作ライター。

記事一覧へ

カテゴリー

開くと光るペンケースで、
ペン探しを快適にしてみた
こんにちは、高校生活応援工作のコーナーです。月1ペースで、工作で高校生活のお悩みを解消しようとする(実際に解決できるかどうかは不明)活動をやっています。ところで、高校生活といえばペン探しですよね。授業中ノートを取る時、友達に手紙を書く時、反省文を書かされる時など、高校生活の3割くらいはペンケースの中でペンを探している時間と言っても過言ではありません。 つけない> しない しない /kou_news/ikinuki/img/0107/img_main01.png 1