★お知らせ★

「高校生3分ニュース」は
2019年12月に更新を停止しました。

最新の勉強法、進路情報は
新しい「デジタル My Vision」
で更新をしています!
ぜひ、チェックしてみて下さいね。

勉強法たくさん

デジタル My Visionを見る

※記事はすべて公開時の情報です。
最新情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

UPDATE 2017.09.11

やり方は人ぞれぞれ?
自分に合った暗記法を見つけよう

電車で勉強する高校生

「自分に合った暗記法がわからない…」という人も多いのではないでしょうか。そう、暗記は「自分に合った方法」を見つけることが大切で、人によって様々なやり方をしているものです。そこで、先輩たちに聞いた暗記術を紹介します。

友達と覚えるvs一人で覚える

「一人で集中して覚える」か「友達と覚える」かでやり方が分かれました。友達と問題を出し合って覚えると頭に残りやすいという声もあれば、一人で覚えた方が集中できるという声もあります。

友達と覚える先輩

友達と問題を出し合うと、友達の前で恥をかけないというプライドがくすぐられやる気が上がります。教えるは二度学ぶというぐらい頭にも残るので一石二鳥です。
早稲田大 教育学部 N・K先輩

一人で覚えるタイプの先輩

最初は友達と一緒に勉強していましたが、結局しゃべったりして効率は落ちると感じ、図書館で一人で集中して勉強するスタイルに変えました。
東北大 工学部 T・S先輩

意味を理解するvsフレーズで覚える

科目によっても違いが出がちなのが、「意味を理解するからこそ頭に残る」派と、「頭に残らないからフレーズで無理やり残す」派の分かれ方です。特に前者は数学の公式などで、後者は日本史の年号などで多く声があがりました。

意味を理解するタイプの先輩

数学の公式は、丸覚えしにくいものが多いので、どのような過程を経て導き出されたのかを理解しておくと、物語のように頭に残りやすいです。
富山大 人間発達科学部 Y・T先輩

フレーズで覚えるタイプの先輩

世界史の年号は友達とゴロをつくって覚えました。ネットでもゴロはたくさん出回っていますが、自分でつくって、しかもよくわからない方が逆に忘れにくくなった気がします。
愛知県立大 外国語学部 H・S先輩

目で覚えるvs体で覚える

ただ読むだけよりも五感を使うことでより頭に残ると言われますが、「視覚」からアプローチする派と、「体を動かして」印象付ける派が多くいるようです。

目で覚えるタイプの先輩

古文単語は、イメージできるかが大事。教材のイラストをじっと見ながら覚えたり、なければ自分で絵を描くと、単語を見た時にニュアンスがイメージで湧くようになります。
茨城大 工学部 A・T先輩

体で覚えるタイプの先輩

部屋の中をウロウロ歩きながら暗記したり、体の動きがある状態で「ながら暗記」をすると、不思議と頭に残ります。
大阪大 外国語学部 A・S先輩

暗記は、自分の性格や科目・暗記内容によって適した暗記方法を選ぶのが大事です。今の暗記方法ではうまく頭に残らない…と困っていた人は、先輩の暗記法を試してみてはいかがでしょうか。

記事一覧へ

カテゴリー

やり方は人ぞれぞれ?
自分に合った暗記法を見つけよう
「自分に合った暗記法がわからない…」という人も多いのではないでしょうか。そう、暗記は「自分に合った方法」を見つけることが大切で、人によって様々なやり方をしているものです。そこで、先輩たちに聞いた暗記術を紹介します。 つけない> しない しない /kou_news/benkyo/img/170911/img_main01.png 1