【格助詞】「の」の識別方法がわかりません

「の」の識別方法がわかりません

格助詞の「の」には、主格とか同格などの働きがあると教わりましたが、どう違いを見分ければいいのか、よくわかりません。見分けるコツがあれば教えてください。

進研ゼミからの回答!

こんにちは。
早速、いただいた質問についてお答えしていきましょう。

【質問の確認】

格助詞の「の」には、主格とか同格などの働きがあると教わりましたが、どう違いを見分ければいいのか、よくわかりません。見分けるコツがあれば教えてください。

【解説】

古語の格助詞「の」には、現代語の格助詞「の」と同じような働きがあります。
例えば、次の例文を見てみましょう。

わが心うちに ⇔ 私の心中に
上に置きたりける露 ⇔ 草上に降りていた露
公世二位兄 ⇔ 藤原公世二位兄弟

これらは古語でも現代語でも同じ働き・訳し方(=連体修飾格)をしていますね。
しかし、古語の「の」には現代語ではあまり見られない働きもあります。

まずは、どんな働きがあるかを押さえましょう。

● 格助詞「の」の主な働き(文法的意味)

(1)【主格】 [訳し方]〜が =主語を表す

(2)【連体修飾格】 [訳し方]〜の・〜での・〜のような =連体修飾語をつくる

(3)【同格】 [訳し方]〜で・〜であって

(4)【体言の代用】 [訳し方]〜のもの・〜のこと

(5)【連用格】 [訳し方]〜のように =連用修飾語をつくる

このうち(1)主格、(2)連体修飾格、(3)同格の3つは、文法問題でよく出されるだけでなく、古文を読解するうえで特に重要なので必ずマスターしておきましょう。

● 【主格】【連体修飾格】【同格】の見分け方

主格・連体修飾格・同格のそれぞれの見分け方は以下の通りです。

【主格】
[訳し方]  〜が
」を「」と置き換えた時、主語として文意が通じます。

(例)月いでたらむ夜は…。 = 月出たような夜には…。

【連体修飾格】
[訳し方]〜の・〜での・〜のような
」の後に体言(人・物などの名詞)がきて、現代語の「の」と同じ使い方です。

(例)世間、なべてこのことあり。= 世間は、一般にこのことがある。

【同格】
[訳し方]〜で・〜であって
次のような形になる場合、同格の「の」であることがわかります。

1)「 A(末尾が体言B(末尾が活用語の連体形」  という形になる

2)Aの末尾にある体言を、Bの活用語の連体形の後に補ってみた時、
 A B という関係で意味が通じる

少し難しいので、次の例文で詳しく説明しましょう。

(例)連歌しける法師、行願寺の辺にありけるが…。

この例文の場合、
「(連歌しける)法師」が体言
「(行願寺の辺にあり)ける」が助動詞「けり」(=活用語)の連体形
で、「 A(末尾が体言 B(末尾が活用語の連体形」という形になっています。

A B 連歌しける法師の、行願寺の辺にありけるが…。(連歌をしていた法師)(行願寺の付近に住んでいた) A B 連歌しける法師の、行願寺の辺にありけるが…。(連歌をしていた法師)(行願寺の付近に住んでいた)

次に、Aの末尾にある体言をBの連体形の後に補ってみると、

A B 連歌しける法師の、行願寺の辺にありける法師が…。(連歌をしていた法師)(行願寺の付近に住んでいた法師) A B 連歌しける法師の、行願寺の辺にありける法師が…。(連歌をしていた法師)(行願寺の付近に住んでいた法師)

となり、

A B 「連歌しける法師」=「行願寺の辺にありける法師」(連歌をしていた法師)=(行願寺の付近に住んでいた法師) A B 「連歌しける法師」=「行願寺の辺にありける法師」(連歌をしていた法師)=(行願寺の付近に住んでいた法師)

という関係が成り立ちますね。
つまり、この例文での「の」は同格であることがわかるのです。
「同格」というぐらいなので、「の」の前後にある A  B は同じ対象のことを表しているわけですね。

また、同格の「の」を含む文を現代語訳する時には、

・「の」は「〜で・〜であって」と訳す

 A の末尾にある体言 B 連体形の後に補って訳す

ということを覚えておきましょう。

先の例文ですと、

(例)連歌しける法師、行願寺の辺にありけるが…。

   =連歌をしていた法師、行願寺の付近に住んでい法師が…。
と訳します。

格助詞「の」が、例えば「同格」なのか「主格」なのかによって、読み取れる内容は大きく違ってきます。つまり、「の」の識別ができるようになると、文法問題だけでなく、読解をするうえでもより正確に文章の内容をとらえられるようになるのです。

【アドバイス】

「の」は非常によく出てくる語の1つなので、それがどのような働きをしているのか、普段から意識しながら古文を読むようにするとよいでしょう。

これからも、『進研ゼミ高校講座』を使って、国語の力を伸ばしていってくださいね。

【その他にも苦手なところはありませんか?】

わからないところをウヤムヤにせず、その場で徹底的につぶすことが苦手を作らないコツ。
「進研ゼミ」には、苦手をつくらない工夫があります。

  • 丁寧な解答解説 途中式は省略なし!詳しい内容だからわかる!※デジタルサービスをご利用いただくための機器は付属しません。
  • 万が一わからなかった場合も個別指導でニガテ解決できる!

  • 高1生の方 高1講座
  • 高2生の方 高2講座
  • 高3生の方 大学受験講座
  • おためし教材を取り寄せる(無料)
  • 入会のお申し込みはこちら

進研ゼミ『高校講座』関連商品・サービス

一番上に戻る

会員ページ・各種お手続きのご案内

会員のかた
進研ゼミ 高校講座 ご受講のかた
保護者のかた
進研ゼミ 保護者通信

コース・プラン登録について

高校講座 オプション(有料)

リスニング&スピーキングの力をグンと高めて授業や入試に自信が持てる!<Challenge English 中学・高校4技能クラス>

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-507-779

受付時間:9:00~21:00(年末年始除く)

通話料無料*音声ガイダンスでご案内いたします

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

※進研ゼミ『高校講座』について。矢野経済研究所「2014年版 教育産業白書」をもとに事業者を選定し、自社による第三者機関でのインターネット調査で高校生3,000人を対象に行った2015年4月時点で利用している学習法についての調査結果より。

学年をお選びください。

高校1年生高校2年生高校3年生

学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生

学習方法を診断する学年をお選びください。

高校1年生 高校2年生 高校3年生
進研ゼミ ハイブリッドスタイル 利用環境条件

「進研ゼミ ハイブリッドスタイル」はお手持ちのiPadでご利用いただけます。

対応機種
iPad(第4世代)、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4
通信環境

常時接続可能なブロードバンド(光ファイバなど)環境と、無線LAN(Wi-Fi)環境をご用意ください(10Mbps以上を推奨)。
ご利用環境の通信速度については、下記より事前にご確認ください。

あとから紹介制度のやり方

入会後に、ご紹介者の情報を登録することもできます。入会フォームの「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」にチェックを入れてください。

Webでお申し込みをする場合

「入会申し込みページ」の「支払方法等の選択」内にある「ご紹介者」の欄で、 「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」を選び、そのまま次の画面に進んでください。

  • Web画面のデザインはイメージです。変更する場合があります。

お申し込みの際にご登録いただいたメールアドレスに、手続き完了のメールをお送りしますので、プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、お手続きをお願いします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

電話でお申し込みをする場合

ご入会のお申し込みをいただく際、オペレーターが「ご紹介者はいらっしゃいますか」とおうかがいします。
⇒おそれいりますが「後から申し込みます」とお答えください。

入会完了

あなたと、あなたのお友だち・ごきょうだいに「教材」をお送りしますので、
プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、0120-332211(9:00~21:00年末年始除く 通話料無料)までお電話ください。 ※一部のIP電話からは042-679-8567(ただし通話料がかかります)
その際、「お友だち・ごきょうだいの紹介であること」と「ご紹介者の会員番号」を忘れずにお伝えください。どちらかお一人がお手続きをすれば、お二人分のプレゼントをお届けします。

  • どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。

「入会申し込みページ」の「支払い方法等の選択」内にある
「ご紹介者」の欄に、紹介してくれる方の情報をご入力ください。

紹介制度フォームサンプル

【お申し込み前に必ずお読みください】

●1月号(12/27まで)にご入会した方がキャンペーン対象です。
●受講費は1ヵ月分かかります。2月号以降を継続されない場合は、支払い期間にかかわらず「毎月払い」1ヵ月分の受講費のお支払いとなります。
●1ヵ月で退会する場合は1/10までに電話連絡が必要になります。ご連絡はお電話に限ります。
●退会連絡をいただかない場合、引き続き2月号以降をお届けします。

【お申し込み前に必ずお読みください】

●1月号(12/27まで)に「高1講座」「受験準備講座」でご入会した方がキャンペーン対象です。
●受講費は1ヵ月分かかります。2月号以降を継続されない場合は、支払い期間にかかわらず「毎月払い」1ヵ月分の受講費のお支払いとなります。
●1ヵ月で退会する場合は1/10までに電話連絡が必要になります。ご連絡はお電話に限ります。
●退会連絡をいただかない場合、引き続き2月号以降をお届けします。