Benesse

進研ゼミ高校講座進研ゼミ高校講座

データでわかる
難関大合格者の9月の
勉強時間と睡眠時間

勉強法

2015年9月10日 公開

難関大に合格した先輩は高3の9月頃
勉強・睡眠にどれぐらい時間を割いたのか

基礎固め、ニガテ対策、実戦演習。勉強時間はいくらあっても足りないけれど、一日に使える時間は決まっています。そこで、難関大に合格した先輩たちが、9月頃、一日のどれぐらいを勉強時間に費やし、どれぐらい睡眠を取っていたのかを紹介します。

勉強時間はしっかり確保
でも睡眠は6時間以上

高3・9月頃の平日1日の平均勉強時間

高3・9月頃の休日1日の平均勉強時間

高3・9月頃の1日の平均睡眠時間

  • ※データは2015年8月実施、現役難関大生184人対象Webアンケートより。

難関大合格者の高3・9月時期の勉強時間を見てみると、平日5〜6時間の人が43.5%、休日9〜10時間の人が31%と最も多い解答になっています。

これは、平日の放課後、17時に家に帰り夕食・お風呂に2時間費やすと仮定すると、夜中の1時頃まで勉強をしているということ。
休日は食事やお風呂などに5時間費やすと仮定すると、朝9時に勉強をスタートしても23時まで勉強しているということになります。

一方で、睡眠時間は勉強時間にかかわらず8割以上の人が6時間以上の睡眠をしっかり確保しています。しっかりと勉強をしている一方で睡眠時間は大切にしているようです。

【先輩体験談】

眠気は勉強の最大の敵。いくら勉強時間を確保できても、集中できていなければ意味がないので、睡眠時間を削って勉強することだけは、できるだけしないようにしていました。

東京理科大 薬学部 S・Y先輩

朝型勉強を定着させ
集中できる勉強時間確保

平日1日に6時間の勉強時間を確保しながら、睡眠をしっかりと6時間確保しようと思うと、なかなか放課後だけで勉強するのは難しいかと思います。ではどうやって勉強時間を確保するかというと、多くの先輩が朝早く起きて1時間程度の学習をする「朝型勉強」をするようにしていたようです。

【先輩体験談】

土日の朝は早く起きて、1週間の気分転換にゲームを1時間ほどすることにしていました。そうすることで、早起きをして1日の勉強時間をしっかり確保しながら、気分転換もでき、健康的で集中力のある生活ができます。ちなみに早く起きられなかった時はゲーム時間はなし!とするとより効果的です。

東京大 理科1類 M・B先輩

朝型勉強をしようと思うと必然的に寝る時間が早くなります。睡眠は長さだけではなく、22時〜2時までの間の時間を睡眠に充てることで、質の高い睡眠が取れてより集中力が上がると言われています。朝型勉強をすることで「集中できる6時間」が確保しやすくなるというわけです。

大事なのは「勉強しながらも早く・十分に眠る」ということです。平日6時間、休日9時間の勉強時間と、毎日6時間の睡眠時間。「6・9 & 6(ロックンロール)の法則」と覚えて目安にし、集中できる勉強時間をしっかり確保して勉強するようにしてください。

文/進研ゼミ高校講座 受験情報担当 牧

20150910100000 データでわかる
難関大合格者の9月の
勉強時間と睡眠時間
勉強法 学習 /news/benkyo/img/150910/img_main01.jpg 0 1 高校生(本人向け)

閉じる

閉じる