ご質問・ご相談 入会のお申し込み 無料体験教材・資料のお申し込み
会員メニュー

閉じる

中学3年生 2020年度大学入試改革特集

1 英語民間資格・検定試験の活用が広がり「話す」「書く」力も課されるように

センター試験の英語では、「聞く」「読む」が課されていましたが、民間資格・検定の利用により、「話す」「書く」を含めた4技能が課されます。

何が求められるのか?:英語は「話す力」まで身につけることが求められます

現在のセンター試験の英語では「聞く」「読む」の2技能を測る試験が行われています。
2021年1月からはじまる大学入学共通テストでは引き続き2技能を評価する試験が継続され、あわせて英語の民間資格・検定が活用されるようになります。

どのように活用するかは大学ごとの判断となり、現時点で各大学がどのように活用するかは発表されていませんが、英語の民間資格・検定活用を視野にいれることで志望大選択の幅が広がります。

つまり、高校の間に4技能(聞く、話す、読む、書く)の英語の民間資格・検定を受験する=英語を「話す」まで身につけることで、大学入試を有利に進めることができるのです。

対策のポイント:高1のうちから英語を「話す」練習をすることが英語力全体の向上につながります

入試で英語4技能が評価されるようになるなか、高校の教育現場で最も課題になっているのが「話す力(Speaking)」の指導です。授業だけでは、十分に対策できない学校もでてくるでしょう。

一方で、高校生が英語を「話す力」を身につけるためには、早くから「実際に英語を使ってみる」経験が大切だと言われます。言いたいことがどのように受け止められたか、という経験そのものが、話す力はもとより英語力全体の向上につながるのです。

高1のうちから定期的に「話す」経験を積むことと、そしてその評価を見極める「英語の民間資格・検定」の対策をしておくことが必要です。

進研ゼミ 高1講座なら追加受講費¥0の個別オンラインスピーキングで「話す」英語力を養成

紹介動画を見る 紹介動画を見る

英語の「聞く・話す・読む・書く」の中でもニガテになりやすいスピーキングは、早めの対策が欠かせません。進研ゼミ 高1講座なら合格逆算型の個別オンラインスピーキングで、高1のうちからムリなく実力を引き上げていけます。

  • 月1回の
    個別レッスン
  • スマホでも
    受講できる
  • 「英語の民間資格・検定」
    対策にも対応

高校講座について詳しくみる

●2018年度「進研ゼミ高校講座」デジタルサービス標準動作環境(2017年11月現在)
以下の環境を満たさない機器では正常に動作しない可能性があります。
また、動作環境は変更になることがあります。
アプリ・サービスにより動作環境が異なる場合があります。

  • 下記OS・ブラウザであっても、機種・環境により画面全体を表示できない、動画・音声が途切れるなど、動作に不具合が発生する場合があります。
  • 画面サイズが10インチ未満のAndroidタブレットの場合、画面全体を表示できないことが発生します。
  • オンラインでの英語レッスン受講にはPC・タブレットをお勧めします。スマートフォンでもご利用いただけます。ただし、スマートフォンでご受講の場合はイヤホンをご用意ください。
  • 動画視聴・オンラインでの英語レッスン受講には、Wi-Fi(無線LAN)での接続をおすすめします。
  • 最新の標準動作環境は高校講座サポートサイトにてご確認ください。
    ◇ OSについて
    【パソコン】Windows® 7 / 8 / 10
    【スマートフォン・タブレット】iOS10〜11、 Android5〜7
    ◇ブラウザについて
    【パソコン】Google Chrome 最新版
    【スマートフォン・タブレット】iOS:Safari® 最新版、Android:Google Chrome 最新版
  • Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • Android、Google Chrome は、Google Inc. の登録商標です。
  • Mac、 Mac OS、Safari は、米国その他の国 で登録されたApple Inc.の商標です。

2 マークテストだけではなく記述式問題も出題されるようになる

センター試験ではマーク式の問題のみが出題されていましたが、大学入試共通テストでは国語と数学で一部記述問題も課されます。

何が求められるのか?:マーク式では問われなかった思考の流れを説明する「記述力」が求められます

センター試験に代わる大学入学共通テストでは、数学と国語で記述式問題が出題されることとなりました。
また、出題も知識・技能を測るもの中心でしたが、それに加えて、思考力・判断力・表現力を問うものに変化します。

つまり、マーク式では問われなかった思考の流れを整理し、説明できる「記述力」が求められるのです。
一方で、これらの力は一朝一夕で身につきにくいため、高1から段階を踏んで力をつけていく必要があります。

対策のポイント:高1のうちから「記述問題で表現すること」をゴールにした対策を始めることが大切です

国語の記述問題に対応する力を身につけるにはその前提として、素材を読み取り、解答要素を洗い出す力が必要になります。

記述問題が苦手な場合でも、高1のうちから、解答要素を洗い出す練習をすることで、記述問題に対応する力を身につけることが可能です。

さらに、記述問題は第三者によって入試と同じ採点観点で解答内容を評価してもらうことで、効率よく力を伸ばすことができます。

進研ゼミ 高1講座なら赤ペン先生の個別記述指導でゼロからでも書けるようになる

9万問の入試問題分析をもとに、入試で得点につながる記述力を高1のうちから個別に指導。高校生がつまずきやすいポイントを知りつくした赤ペン先生だからできる「苦手をつくらない指導」で、高1から段階的に入試得点力を積み上げていけます。

  • 月1回の
    個別添削※
  • 志望大
    レベル別
  • 45年以上の
    指導歴

高校講座について詳しくみる

  • 8・3月号を除く

3 学力試験にプラスして調査書が入試に活用されるようになる

一般入試では学力試験で合否が決まっていましたが、大学によっては調査書や志望理由書が課されるように。

何が求められるのか?:一般入試で調査書が課されるところも。高1からの定期テスト対策がますます重要になります

これまで、調査書(評定や活動履歴)が入試で課されるのは推薦入試やAO入試が中心でした。
今後は一般入試でも調査書を活用する大学が増える見込みです。つまり、定期テストの成績が重要なのは一部の人ではなくなってくるのです。

また、調査書のフォーマットも変わり、課外活動や特技・資格を記入する欄が拡大。
学力はもちろん、それ以外の活動もより重視されます。授業・定期テスト対策と部活や課外活動を両立させていくことがますます重要になります。

対策のポイント:日々の予習・復習をおろそかにせず、学校の授業中心の学習サイクルを高1の4月からつくること

大学入試の調査書は高1の最初の定期テストから評価対象となります。そして、一般入試で調査書が活用されることになると、高2後半から定期テスト対策に力を入れる人が増えることも予想されます。
そのタイミングではテストでまわりに差をつけることが難しくなるでしょう。

高1から定期テスト対策をしっかり行い、よい評定を収めておくことが入試を有利に進めることにつながります。
高1・4月から予習・復習で授業理解を深め、定期テスト対策をしっかり行うことが大切です。

進研ゼミ 高1講座なら高校別の授業・テスト対策で高1最初の定期テストから高得点を狙える

進研ゼミ 高1講座なら赤ペン先生の個別記述指導でゼロからでも書けるようになる

進研ゼミ高1講座の授業・テスト対策は高校別にお届け。教科書や学校の進度に合った1回15分の厳選テキストで忙しいなかでも学習サイクルを作りながら、全国の定期テスト分析が生んだ「出るトコ厳選」の対策で、定期テストの点数を伸ばしていけます。

  • 高校別
    教科書・進度
    対応
  • 5教科
    15科目対応
  • 実技教科も
    対応

高校講座について詳しくみる

  • デジタルサービスをご利用いただくための機器はつきません。
  • 「進研ゼミ高校講座」は高校の教科書や授業進度に合わせて教材をお届けする講座です。
  • 『授業理解チャレンジ』・『定期テスト予想問題集』は、英語・国語は教科書別、数学は進度別の内容でお届けします。
  • 英語は「コミュニケーション英語I・II」に対応(「英語表現I」など、その他の英語科目は教科書別には対応していません)。
  • 国語は、高1は「国語総合」、高2は「現代文B」「古典B」に対応
    (「現代文A」「古典A」の教科書には対応していません)。
  • 理科・地歴公民は、ご登録科目の「定期テスト予想問題集」を1回でまとめてお届けします。
  • 英数国の『授業理解チャレンジ』・『定期テスト予想問題集』が教科書・進度に合わない場合は、教材のリクエストができる「進度SOS」サービスをご利用ください。
  • 一部の教科書、特殊な授業の進め方には対応していません。

2018年4月開講
で届く教材

高校別厳選テキスト×スマホの効率学習法なら
忙しい高校生活でも入学前からリードをつくれる

  • 高校別授業対策
  • 高校別テスト対策
  • 「話す」英語対策
  • 入会特典
今申し込むとお届けする教材

2018年度 高1講座でお届けする教材を見る

約2.4万問※1の入試分析から「出る」問題を厳選
ニガテ分野でも7日間で得点源にできる!
内申点対策教材
「FINAL差がつく!演習」つき
入試直前FINAL
の締切日は
11/28(火)
  • 「FINALニガテチェック」「FINAL差がつく演習」は電話・Webでお申し込みの方に限り、お申し込み受付後4日前後(日・祝・年末年始除く)でお届けします。地域によっては4日前後でお届けできない場合があります。ご了承ください。上記以外の教材は冬休み(12/16)までにお届けします。
  • <入試直前FINAL>お申し込みの最終締切日は2/14。
  • 2015~2017年度の3年間の入試分析数です。
  • 2009~2016年度の出荷実績の総計769,209件より。

入試直前FINAL
2018年度『高1講座』のご予約で
無料プレゼント

  • OPEN直後はお電話が大変つながりにくくなっております。
  • 番号はよくお確かめのうえ、おかけください。
  • 一部のIP電話からは042-679-7678へおかけください(ただし通話料金がかかります)。

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

  • お客さまによりよい教材・サービスをお届けするため、日々改良を重ねております。そのため、ここでご紹介している名称・デザイン・内容・お届け月などは変わることがあります。ご了承ください。また、コースによって誌面構成は異なります。
  • 以前ご受講の際に提供済みの教材は、再度のお届けはありません。
  • デジタルサービスをご利用いただくための機器はついていません。

中学3年生メニュー

学年をお選びください

中学3年生 高校1年生 高校2年生 高校3年生

受講に関するご質問ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

よくある質問をみる
  • OPEN直後はお電話が大変つながりにくくなっております。
  • 番号はよくお確かめのうえ、おかけください。
  • 一部のIP電話からは042-679-7678へおかけください(ただし通話料金がかかります)。

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品・サービス提供の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

会員ページ・各種お手続きのご案内

会員のかた

保護者のかた

進研ゼミ 保護者通信